2015年10月19日(月)~25(日)の我が家の太陽光発電の発電量の記録

こんにちはnamiです(^^
今まで毎日の発電量の記録を付けていましたが、今日からは月曜~日曜までの1週間単位で発電量の記録を付けたいと思います。

2015年10月19日の発電量

2015-10-19の発電量の写真

10月19日の我が家の太陽光発電の発電量は25.7kwhでした!

秋晴れの爽やかな1日でしたので、発電量も多めでした(^^♪

このまま秋晴れが続いてくれたらよいのですが、そうもいかないのが秋の空ですよね。
まあ、贅沢は言いません。でも、シミュレーションよりも発電量は2割くらい上が希望です(^^;)

10月の発電量、シミュレーションでは356kwhです。
今のところ、362.3kwhとすでに今月の発電シミュレーションの値を超えていますので、今後の発電はオマケ的な要素が強くなっている感じですが。。このままの勢いで行けば2割アップも十分に狙えますね!

でも、お天気は希望通りにはいかないもの。
期待をしつつ、でも発電シミュレーションを超えたからいいかと思いつつ過ごしたいと思います(#^^#)

10月20日の発電量

2015-10-20の太陽光発電の発電量2015年10月20日の太陽光発電の発電量は14.9kwhでした。

まずまずですね(#^^#)

10月21日の発電量

2015-10-21の太陽光発電の発電量の写真10月21日水曜日の我が家の太陽光発電の発電量は8.2kwhでした。

売電量は4.8kwhでした。

10月22日の発電量

2015-10-22の太陽光発電の発電量の写真10月22日(木)の我が家の太陽光発電の発電量は23.5kwhでした。

売電量は20.9kwhです

お天気が良くて良かったです。

10月23日の発電量

2015-10-23の太陽光発電の発電量の写真10月23日金曜日の我が家の太陽光発電の発電量は15.3kwhでした。

売電量は12.2kwhでした。

10月24日の発電量は

2015-10-24の太陽光発電の発電量の写真10月24日の太陽光発電の発電量は20.5kwhでした

売電量は概算で17.2kwhです。

10月25日の発電量

2015-10-25の太陽光発電の発電量の写真10月25日日曜日の太陽光発電の発電量は24.6kwhでした。

売電量は21.6kwhでした。

一日で800円近い売電は嬉しいですね~(^^♪

1週間の発電量と売電量の合計は

発電量 売電量 自家消費
19日 25.7 22.3 3.4
20日 14.9 12.0 2.9
21日 8.2 4.8 3.4
22日 23.5 20.9 2.6
23日 15.3 12.2 3.1
24日 20.5 17.2 3.3
25日 24.6 21.6 3
合計 132.7 111 21.7

今までこういう方法で見てみたころがなかったのですが、我が家の場合には晴れていても、曇っていても、雨が降っても、日中は約3kwhの電力を使うようですね(^^;)

毎日の日中に使う電気の内訳としてはおそらく冷蔵庫などの待機電力とかなのかなと思うのですが、おそらく水曜日は大学生の娘の授業が無い日なので、今後も平均的に他の日よりは電気を使うと思います。

日曜日に今回は晴れていて、出かけている時間も多かったので、特に電気を使う事もなかったのですが、これから、雨が降った日曜日なんかはグンっと電気の使用量が増えると思います。




 


太陽光発電の導入を検討している方へ

笑顔の絵です

たくさんのメリットがある太陽光発電ですが、導入にかかる費用が大きくて返済が大変なのじゃないのか?とか、本当にメリットがあるのか?とか、気になる事がたくさんあると思います。

このサイトではそんな悩みに少しでもお役に立てればと思って、なるべく多方面から我が家の実際の費用について公開しています。でも、屋根の大きさであったり、向きであったり、それぞれの家による違いは確実にあります。

そこでやっぱりプロの方の意見を聞くという事が大切になって来ます。その時に信頼できる業者さんを見つけることが一番失敗しない方法だと思うのです。

太陽光発電の導入を検討しているなら無料のあい見積もりは必須です!

初めてだと業者さんからもらった見積もりが妥当なのか、高すぎるのか安すぎるのかもさっぱりわかりません。このサイトのように実際に掛かった費用を公開しているサイトがたくさんあるので参考にはなると思います。でもやっぱり、今現在の価格ではないのは仕方のないことです。

そこで無料見積もりになるのです。

おススメの無料見積もりの取り方

タイナビ
では提携している業者さんの中から最大5社選んで見積もり依頼することができます。

なので、先にグリーンエネルギーナビ【住宅用】のお見積りプロモーションで見積もりをしてもらって、その後にタイナビ
で先に出た見積もり業者さんとは重複しないよう5社以内でえらんで見積もり依頼するのが良いと思います。

1.先にグリーンエネルギーナビで見積もりをしてもらう↓

 

2.次に先に見積もりしていない業者をタイナビで見積もりをしてもらう↓