2015年12月7日~12月13日の太陽光発電の発電量

お天気の良い日もありましたが、全体に寒かったですね!

そのせいで使用電力が半端なく増えています💦

まあ、冬は当然暖房費が掛かるので仕方のないことですね

2015年12月7日の太陽光発電の発電量

2015-12-07の太陽光発電の発電量の写真

2015年12月7日は発電量が21.5kwhと多めでした。

太陽が出て発電量が進んだのですね。でも、やっぱり寒かったみたいで使用電力が24.4kwhもあります。

12月8日の我が家の太陽光発電の発電量

2015-12-08の太陽光発電の発電量の写真12月8日の発電量は6.9kwhでした。

冬の発電って感じですね。お天気がイマイチな冬の発電量はこんな感じです。

使用電力量がやっぱり多くて23.7kwhもあります。

12月9日の太陽光発電の発電量

2015-12-09の太陽光発電の発電量の写真12月9日の発電量は21.0kwhでした。

お天気が良い日はやはり20kwhは軽くいきますね!

それにしても使用電力が24.4kwhって、月曜日と一緒ですね。

12月10日の太陽光発電の発電量

2015-12-10の太陽光発電の発電量の写真12月10日の発電量は9.0kwhでした。

やっぱり、お天気の良い日が続くわけではありませんね。。

関東の冬ってもっとお天気良かった気がしたんだけどな~。

12月11日の太陽光発電の発電量

2015-12-11の太陽光発電の発電量の写真12月11日のお天気はまずまず。なので、発電量も19.3kwhとまずまずの良さでした。

売電量は7.0kwh。

もうちょっと売電してほしいですね~

12月12日の太陽光発電の発電量

2015-12-12の太陽光発電の発電量の写真12月12日の発電量は17.0kwhでした。

何となく暖かかったので、使用電力も少な目です。

午前中はお天気が良かったのに、昼過ぎからは曇ってきて。。なのでこの発電量です。

12月13日の太陽光パネルの発電量

2015-12-12の太陽光発電の発電量12月13日の発電量は2.6kwhでした。

朝からず~っと曇っていましたね。。

そしてさすがに寒かったです。

なので使用電力も進んだのですね。

2015年12月7日~12月13日の我が家の太陽光発電の発電量と売電量の合計

日付 発電量 売電量 自家消費
7日 21.5 19.0 2.5
8日 6.9 3.9 3.0
9日 21.0 17.8 3.2
10日 9.0 5.6 3.4
11日 9.2 7.0 2.2
12日 17.0 13.9 3.1
13日 2.6 0.1 2.5
合計 87.2 67.3 19.9

単位はkwhです。

先週の発電量は97.9kwh、先々週は80.0kwhでしたので、今週の87.2kwhは真ん中くらいかな?

それにしても、最近のお天気の悪い日が続くのは困りものですね。農作物にも悪い影響が出ないと良いのですが。。。

我が家の鉢に蒔いたサンチュの種もなかなか大きくならないので、もしかしたらこのまま大きくならないつもりかも。。何といっても最近とても寒いですからね~

サンチュも大きくなる前に寒くなっちゃって、成長しきれないとしたらかわいそうですね。

ちゃんとと育ちますように。




 


太陽光発電の導入を検討している方へ

笑顔の絵です

たくさんのメリットがある太陽光発電ですが、導入にかかる費用が大きくて返済が大変なのじゃないのか?とか、本当にメリットがあるのか?とか、気になる事がたくさんあると思います。

このサイトではそんな悩みに少しでもお役に立てればと思って、なるべく多方面から我が家の実際の費用について公開しています。でも、屋根の大きさであったり、向きであったり、それぞれの家による違いは確実にあります。

そこでやっぱりプロの方の意見を聞くという事が大切になって来ます。その時に信頼できる業者さんを見つけることが一番失敗しない方法だと思うのです。

太陽光発電の導入を検討しているなら無料のあい見積もりは必須です!

初めてだと業者さんからもらった見積もりが妥当なのか、高すぎるのか安すぎるのかもさっぱりわかりません。このサイトのように実際に掛かった費用を公開しているサイトがたくさんあるので参考にはなると思います。でもやっぱり、今現在の価格ではないのは仕方のないことです。

そこで無料見積もりになるのです。

おススメの無料見積もりの取り方

タイナビ
では提携している業者さんの中から最大5社選んで見積もり依頼することができます。

なので、先にグリーンエネルギーナビ【住宅用】のお見積りプロモーションで見積もりをしてもらって、その後にタイナビ
で先に出た見積もり業者さんとは重複しないよう5社以内でえらんで見積もり依頼するのが良いと思います。

1.先にグリーンエネルギーナビで見積もりをしてもらう↓

 

2.次に先に見積もりしていない業者をタイナビで見積もりをしてもらう↓