2016年2月1日~2月7日の我が家の太陽光発電の発電量

洗濯先週までず~っと寒かったのですが、今日はポカポカと暖かくて気持ちの良い日でした。
近所では梅や早咲きの桜も咲き始め、街路には菜の花も咲いていました。

ちょっとずつ暖かい日が増えてだんだん春になって行くのですね~

今日は洗濯物もバッチリ乾いているはずです!

2016年2月1日の太陽光発電の発電量

2016-02-01の太陽光発電の発電量の写真

2016年2月1日の発電量は2.7kwhでした。

曇っていて雨は降っていなかったのですが、発電は進みませんでした。

ホント寒かったですね。

2月2日の太陽光の発電量

2016-02-02の太陽光発電の発電量2月2日は晴れていたので21.5kwhの発電がありました!

晴れていたけれどもとっても寒い日でしたね~ 使用電力が28.1kwhもありました。

今日から高3の息子は自由登校です。使用電力が増えるのも納得ですね。

2月3日の我が家の太陽光パネルの発電量

2016-02-03の太陽光発電の発電量の写真2月3日は節分でしたね!
我が家では恵方巻は食べなかったのですが、関西から始まったこの習慣、いつ頃から関東に広がったのでしょうね~?

20年前にはなかったはず。発電量は21.9kwhでした。使用電力が29.1kwh!でした。

2月4日の太陽光発電の発電量

2016-02-04太陽光発電の発電量の写真2月4日は立春でした!ちょっと曇ったりして発電は12.8kwhでした。

立春なのに随分と寒い日でしたね!

とうとう使用電力が35.3kwh!と恐ろしいことになっています(´;ω;`)

2月5日の太陽光発電の発電量

2016-02-05の太陽光発電の発電量の写真2月5日の発電量は23.4kwhでした。

寒いのですが、少しづつ夕方の日が伸びたように感じます。それで発電量も増えてくれたらいいのにな~

売電量は18.9kwhでした。

2月6日の太陽光発電の発電量

2016-02-06の太陽光発電の発電量の写真2月6日の発電量は12.5kwhでした。

売電量はちょっと少なめの9.3kwhでした。

寒かったから今日も使用電力が31.6kwh!と多い多い。

1日中ガス床暖房も付けておいたのに多すぎです💦

2月7日の太陽光発電の発電量

2016-02-07の太陽光発電の発電量の写真2月7日の発電量は16.3kwhでした。

それにしても寒い日でした!
殆どの家族が出かけて家にあまり人がいなかったはずなのに31.7kwhも使っていますね。

お留守番の末娘がガンガン使ったのでしょうね。。。

2月4日に電気料金の検診があったようで、2月分の売電が決まったので、この記事をアップしたら、太陽光パネルに掛かった費用は実際に売電した金額何年分で元が取れるかの検証の記事を更新したいと思います。
http://sus.click/merit/recover.html

2016年2月1日~7日の我が家の太陽光発電の発電量と売電量の合計

発電量 売電量 自家消費
1日 2.7 0.4 2.3
2日 21.5 17.6 3.9
3日 21.9 18.2 3.7
4日 12.8 8.9 3.9
5日 23.4 18.9 4.5
6日 12.5 9.3 3.2
7日 16.3 13.0 3.3
合計 111.1 86.3 24.8

いずれも単位はkwhです。

先週の発電量は107.2で、売電量は86.4、使用電力は20.8kwhでしたので、今週は先週に比べると発電量は少なかったものの、自家消費が少なかったのでほんの少しではありますが売電量が多かった週となりました。

まあ、週に100kwh以上発電していれば月には400kwh以上となりますから、2月のシミュレーションの値である367kwhは超えることになります。

毎週100kwh以上あることを祈りたいと思います。




 


太陽光発電の導入を検討している方へ

笑顔の絵です

たくさんのメリットがある太陽光発電ですが、導入にかかる費用が大きくて返済が大変なのじゃないのか?とか、本当にメリットがあるのか?とか、気になる事がたくさんあると思います。

このサイトではそんな悩みに少しでもお役に立てればと思って、なるべく多方面から我が家の実際の費用について公開しています。でも、屋根の大きさであったり、向きであったり、それぞれの家による違いは確実にあります。

そこでやっぱりプロの方の意見を聞くという事が大切になって来ます。その時に信頼できる業者さんを見つけることが一番失敗しない方法だと思うのです。

太陽光発電の導入を検討しているなら無料のあい見積もりは必須です!

初めてだと業者さんからもらった見積もりが妥当なのか、高すぎるのか安すぎるのかもさっぱりわかりません。このサイトのように実際に掛かった費用を公開しているサイトがたくさんあるので参考にはなると思います。でもやっぱり、今現在の価格ではないのは仕方のないことです。

そこで無料見積もりになるのです。

おススメの無料見積もりの取り方

タイナビ
では提携している業者さんの中から最大5社選んで見積もり依頼することができます。

なので、先にグリーンエネルギーナビ【住宅用】のお見積りプロモーションで見積もりをしてもらって、その後にタイナビ
で先に出た見積もり業者さんとは重複しないよう5社以内でえらんで見積もり依頼するのが良いと思います。

1.先にグリーンエネルギーナビで見積もりをしてもらう↓

 

2.次に先に見積もりしていない業者をタイナビで見積もりをしてもらう↓