2016年5月30日~6月5日の我が家の太陽光発電の発電量の記録

いよいよ5月も終わり、関東地方も先日梅雨入りしてしまいました(*’ω’*)
我が家では家庭菜園で色々な野菜を植えているのですが、梅雨入りは家庭菜園の野菜たちには恵みの雨となります。

でも、太陽光発電にとっては発電量が減ってしまうので残念な結果につながります💦

梅雨が明けるまで雨が続くのではなくて、晴れたり雨が降ったりが交互に来てくれると家庭菜園にとっても太陽光発電にとっても嬉しい梅雨になるんだけどな~(*´ω`*)

それでは先週の発電量の確認をしてみましょう!

2016年5月30日の太陽光発電の発電量は

2016-5-30の太陽光発電の発電量の写真5月30日の発電量は11.5kwhでした。

売電量は6.6kwhです。

発電量はそれほどでもないですね・・

たくさん発電してほしいな~

5月31日の発電量は

2016-5-31の太陽光発電の発電量の写真5月31日の太陽光発電の発電量は19.5kwhでした。

売電量は15.8kwhでした。

前日よりは発電しました(^^♪

ヨカッタです♪

6月1日の発電量は

2016-06-01の太陽光発電の発電量の写真6月1日の発電量は21.9kwhでした!
今週に入って初めての20kwh越えです(^^♪

売電量は16.8kwhでした。

使っちゃう量が多いから発電量が増えても売電量がそれほど増えないのでしょうね。

6月2日の発電量は

2016-06-02の太陽光発電の発電量の写真6月2日の発電量は26.2kwhでした!
毎日これくらい発電してくれたら嬉しいのにな~(^^♪

売電量も20.8kwhと20kwh以上売電することができました!

6月3日の発電量は

2016-06-03の太陽光発電の発電量の写真6月3日の発電量は26.5kwhでした(^^♪

前日に引き続きたくさんの発電がありました~!

売電量は21.5kwhと前日よりもわずかですが多くなっています(^^♪

6月4日の発電量は

2016-06-04の太陽光発電の発電量の写真6月4日の発電量は19.6kwhでした。

まあ多めですね(^^♪

売電量は14.4kwhでした。

まあまあでしたね(*’ω’*)

6月5日の発電量は

2016-06-05の太陽光発電の発電量の写真6月5日の発電量は9.1kwhでした。少ないですね💦
朝から雨が降っていてからしたかがありませんね。むしろ雨だったのにこれだけ発電してくれたら御の字でしようか。。

売電量は4.4kwhでした。

2016年5月30日~6月5日の我が家の太陽光発電の発電量と売電量の合計

発電量 売電量 自家消費
5/30 11.5 6.6 4.9
31日 19.5 15.8 3.7
6/1 21.9 16.8 5.1
2日 26.2 20.8 5.4
3日 26.5 21.5 5.0
4日 19.6 14.4 5.2
5日 9.1 4.4 4.7
合計 134.3 100.3 34.0

単位はkwhです。

計算してみたら先週よりもたくさん発電していました(^^♪
売電量も11kwhほど多くなっています(*´ω`*)

梅雨に入る前の最後の週でしたから、これくらいは発電してもらわないと・・という気もしますが、これだけ発電があると嬉しいですね(^^♪

東京電力からのお知らせが届いたので

我が家が太陽光発電にかかった費用の確認 我が家で太陽光発電を設置した時(2015年3月)の自己負担額は写真でもわかるように、工事料...

↑このページを更新したいと思います




 


太陽光発電の導入を検討している方へ

笑顔の絵です

たくさんのメリットがある太陽光発電ですが、導入にかかる費用が大きくて返済が大変なのじゃないのか?とか、本当にメリットがあるのか?とか、気になる事がたくさんあると思います。

このサイトではそんな悩みに少しでもお役に立てればと思って、なるべく多方面から我が家の実際の費用について公開しています。でも、屋根の大きさであったり、向きであったり、それぞれの家による違いは確実にあります。

そこでやっぱりプロの方の意見を聞くという事が大切になって来ます。その時に信頼できる業者さんを見つけることが一番失敗しない方法だと思うのです。

太陽光発電の導入を検討しているなら無料のあい見積もりは必須です!

初めてだと業者さんからもらった見積もりが妥当なのか、高すぎるのか安すぎるのかもさっぱりわかりません。このサイトのように実際に掛かった費用を公開しているサイトがたくさんあるので参考にはなると思います。でもやっぱり、今現在の価格ではないのは仕方のないことです。

そこで無料見積もりになるのです。

おススメの無料見積もりの取り方

タイナビ
では提携している業者さんの中から最大5社選んで見積もり依頼することができます。

なので、先にグリーンエネルギーナビ【住宅用】のお見積りプロモーションで見積もりをしてもらって、その後にタイナビ
で先に出た見積もり業者さんとは重複しないよう5社以内でえらんで見積もり依頼するのが良いと思います。

1.先にグリーンエネルギーナビで見積もりをしてもらう↓

 

2.次に先に見積もりしていない業者をタイナビで見積もりをしてもらう↓