2016年6月20日~6月26日の我が家の太陽光発電の発電量の記録

梅雨ですね~
よ~く雨が降っています。たまに梅雨の晴れ間がある感じですね。

昨日今日は肌寒いくらいの気温でしたね。その分太陽光発電の方は進まなかった事と思いますが、首都圏の水がめのダムが少しでも潤ってくれたらいいな~と思います。

それでは先週の発電量チェックいってみましょう。

2016年6月20日の太陽光発電の発電量は

2016-06-20の太陽光発電の発電量の写真6月20の発電量は22.5kwhでした。まさに梅雨の晴れ間ですね(^^♪

蒸し暑くって、日焼けもしそうなくらいのお天気でした。

売電量も17.6kwhと多くなっています。

6月21日の発電量は

2016-06-21の太陽光発電の発電量の写真6月21日の発電量は9.8kwhでした。

売電量は7.2kwhです。

まあ、曇りがちなお天気でしたので仕方がありませんね。

6月22日の発電量は

2016-06-22の太陽光発電の発電量の写真6月22日の発電量は2.7kwhでした💦

売電量は0.1kwhで5円の予定です(^^;)

雨が降るとこんな感じになってしまいますね~。。。

もうちょっと発電してほしいところですね。

6月23日の発電量は

2016-06-23の太陽光発電の発電量の写真6月23日の発電量は3.6kwhでした。

売電量は0.5kwhで19円の予定です。とても微妙な感じですね。。使用電力量が少ないので買電もわりと少なくなっているようです。

6月24日の発電量は

2016-06-24の太陽光発電の発電量6月24日の発電量は7.5kwhでした。

売電量は4.3kwhです💦

先週は梅雨らしいお天気が続きましたね(^^;)

この分ではどうなる事か・・

6月25日の発電量は

2016-06-25の太陽光発電の発電量の写真6月25日の発電量は19.2kwhでした。

久々に発電量が多めですね(^^♪

売電量は14.3kwhでした。

やっぱりこのくらい発電してくれると嬉しいですね(*‘ω‘ *)

6月26日の発電量は

2016-06-26の太陽光発電の発電量の写真6月26日の発電量は24.8kwhでした!
イイですね~(^^♪

倍d燃料は20.1kwhとこちらも多めになっています♪

買電量が10.3kwhと買電量も少な目になっています。

2016年6月20日~6月26日の我が家の太陽光発電の発電量と売電量の合計

発電量 売電量 自家消費
20日 22.5 17.6 4.9
21日 9.8 7.2 2.6
22日 2.7 0.1 2.6
23日 3.6 0.5 3.1
24日 7.5 4.3 3.2
25日 19.2 14.3 4.9
26日 24.6 20.1 4.5
合計 89.9 64.1 25.8

単位はいずれもkwhです。

huuその前の週が105.2kwhの発電量でしたので、1割近く減ったことになります。
まあ、実感としても先週の方が梅雨らしいお天気でしたので、まあ実感のままの発電量といった感じですね。

それにしても、1週間に89.9kwhの発電量は年間を通すとどのくらいの位置になるのかな?
やっぱりワースト5くらいには入るのかな?

そういうランキングのページも作ってみようかな~。




 


太陽光発電の導入を検討している方へ

笑顔の絵です

たくさんのメリットがある太陽光発電ですが、導入にかかる費用が大きくて返済が大変なのじゃないのか?とか、本当にメリットがあるのか?とか、気になる事がたくさんあると思います。

このサイトではそんな悩みに少しでもお役に立てればと思って、なるべく多方面から我が家の実際の費用について公開しています。でも、屋根の大きさであったり、向きであったり、それぞれの家による違いは確実にあります。

そこでやっぱりプロの方の意見を聞くという事が大切になって来ます。その時に信頼できる業者さんを見つけることが一番失敗しない方法だと思うのです。

太陽光発電の導入を検討しているなら無料のあい見積もりは必須です!

初めてだと業者さんからもらった見積もりが妥当なのか、高すぎるのか安すぎるのかもさっぱりわかりません。このサイトのように実際に掛かった費用を公開しているサイトがたくさんあるので参考にはなると思います。でもやっぱり、今現在の価格ではないのは仕方のないことです。

そこで無料見積もりになるのです。

おススメの無料見積もりの取り方

タイナビ
では提携している業者さんの中から最大5社選んで見積もり依頼することができます。

なので、先にグリーンエネルギーナビ【住宅用】のお見積りプロモーションで見積もりをしてもらって、その後にタイナビ
で先に出た見積もり業者さんとは重複しないよう5社以内でえらんで見積もり依頼するのが良いと思います。

1.先にグリーンエネルギーナビで見積もりをしてもらう↓

 

2.次に先に見積もりしていない業者をタイナビで見積もりをしてもらう↓