2016年1月4日~1月10日の我が家の太陽光発電の発電量

今日は成人の日でした。我が家でも次女が新成人として昨日でしたが、成人式に参加してきました。

笑顔の絵です昨日の成人式はお天気が良くて、めったに着ない振袖での成人式出席にはありがたいお天気でした。もちろん太陽光発電も進んだでしょうね~

「太陽光発電ってどのくらい発電できるの?」「太陽光発電って本当に儲かるの?」「太陽光ってお天気が悪い時はどうなの?」と思っている方の参考になったら嬉しいです。

ちなみに、我が家の太陽光発電のシステムはどのくらいかというと約4.8kwのシステムです。
詳しくは↓こちらへ
http://sus.click/mecha

そして、掛かった費用はどのくらいかと言うと約150万円でした。
詳しくはこちら↓へ
http://sus.click/cost/hiyou.html

2016年1月4日の太陽光の発電量

2016-01-04の太陽光発電の発電量の写真2016年1月4日の発電量は20.9kwhでした。

売電量は18.9kwhでした。

たくさん発電してくれました。帰省中なので使用量が少なく済みました。

1月5日の太陽光発電の発電量は

2016-01-05の太陽光発電の発電量の写真

1月5日の太陽光発電の発電量は17.6kwhでした。

売電量は14.2kwhでした。

家に帰ってきたとたんに使用電力量が跳ね上がってしまっています💦

1月6日の太陽光発電の発電量

2016-01-06の太陽光発電の発電量の写真

1月6日の発電量は5.9kwhでした。

売電量は2.5kwhでした。

この日は少なかったですね。。使用量は相変わらず多いです。

1月7日の太陽光パネルの発電量

2016-01-07の太陽子発電の発電量の写真1月7日は8.9kwhの発電量でした。

売電量は5.8kwhでした。

使用電力がちょっと少ないのは私の仕事が始まったからかな?

1月8日の太陽光発電は

2016-01-08の太陽光発電の発電量の写真1月8日の発電量は20.7kwhでした。

売電量は18.2kwhで多めでした(^^♪

使用電力はまたまた増えましたね。。

1月9日の太陽光発電の発電量は

2016-01-09の太陽光発電の発電量の写真1月9日の太陽光発電の発電量は21.1kwhでした。

売電量は16.6kwhでした。

土曜日で1日中家に居たので、28.2kwhも使用電力ありました( ゚Д゚)
電気の使い過ぎです。。

1月10日の太陽光発電の発電量

2016-01-10の太陽光発電の発電量1月10日の太陽光発電の発電量は22.0kwhでした。

売電量は18.3kwhでした。

良いお天気で成人式も気持ちよく送り出すことができました。

2016年1月4日~10日の我が家の太陽光発電の発電量と売電量の合計

発電量 売電量 自家消費
4日 20.9 18.9 2.0
5日 17.6 14.2 3.4
6日 5.9 2.5 3.4
7日 8.9 5.8 3.1
8日 20.7 18.2 2.5
9日 21.1 16.6 4.5
10日 22.0 18.3 3.7
合計 117.1 94.5 22.6

単位はkwhです。

先週の発電量は112.2kwhでしたので、同じような発電量でしたね。

もしもこのまま4週続いてくれたら450kwh超えちゃいますね
でも、一応1月シミュレーションでは358kwhですので、もしもそうなったらものすごく多くなっちゃいますね~!ハートの着いた顔の絵です

というのは捕らぬ狸の・・・💦

今から月末が楽しみです




 


太陽光発電の導入を検討している方へ

笑顔の絵です

たくさんのメリットがある太陽光発電ですが、導入にかかる費用が大きくて返済が大変なのじゃないのか?とか、本当にメリットがあるのか?とか、気になる事がたくさんあると思います。

このサイトではそんな悩みに少しでもお役に立てればと思って、なるべく多方面から我が家の実際の費用について公開しています。でも、屋根の大きさであったり、向きであったり、それぞれの家による違いは確実にあります。

そこでやっぱりプロの方の意見を聞くという事が大切になって来ます。その時に信頼できる業者さんを見つけることが一番失敗しない方法だと思うのです。

太陽光発電の導入を検討しているなら無料のあい見積もりは必須です!

初めてだと業者さんからもらった見積もりが妥当なのか、高すぎるのか安すぎるのかもさっぱりわかりません。このサイトのように実際に掛かった費用を公開しているサイトがたくさんあるので参考にはなると思います。でもやっぱり、今現在の価格ではないのは仕方のないことです。

そこで無料見積もりになるのです。

おススメの無料見積もりの取り方

タイナビ
では提携している業者さんの中から最大5社選んで見積もり依頼することができます。

なので、先にグリーンエネルギーナビ【住宅用】のお見積りプロモーションで見積もりをしてもらって、その後にタイナビ
で先に出た見積もり業者さんとは重複しないよう5社以内でえらんで見積もり依頼するのが良いと思います。

1.先にグリーンエネルギーナビで見積もりをしてもらう↓

 

2.次に先に見積もりしていない業者をタイナビで見積もりをしてもらう↓