2016年11月14日~11月20日の我が家の太陽光発電の発電量の記録

kao16先週も雨の多い週でした。。

太陽光発電にはちょっと今年は不利な感じの気候ですね💦
毎年こんなではないと思うのですが、太陽光発電を設置して2年目にこんな年に当たると、今後いったい大丈夫なんだろうかと不安になったりします。

でも、去年はシミュレーションの発電量よりも大幅アップだったし、今年もこんなお天気が続いてはいますが、トータルで見たら、ちゃんとシミュレーションよりは多く発電しそうです。

今年もあと1か月と少し。
このままちゃんと確認を続けたいと思います。

それでは先週の発電量の確認に行ってみましょう。

2016年11月14日の発電量は

2016-11-14の太陽光発電の発電量の写真11月14日の発電量は2.3kwhでした。

売電量は0.5kwh。。

買電量は18.3kwhで、使用電力量は20.1kwhでした。

11月15日の発電量は

2016-11-15の太陽光発電の発電量の写真11月15日の初d燃料は4.5kwhでした。

売電量は2.2kwh。。

買電量が18.5kwhで、使用電力量が20.8kwhでした。

2日連続で少ない発電量です。。

11月16日の発電量は

2016-11-16の太陽光発電の発電量の写真11月16日の発電量は4.2kwhでした。。またまた少ないですね。。

売電量は1.3kwhでした。

3日連続発電量が少なくて・・残念です。

11月17日の発電量は

2016-11-17の太陽光発電の発電量の写真11月167日の発電量は18.4kwhでした。

売電量は15.2kwhです(^^♪

久しぶりに発電量が多くて嬉しいです。

11月18日の発電量は

2016-11-18の太陽光発電の発電量の写真

11月18日の発電量は16.7kwhでした。売電量は14.1kwhです。

2日連続で発電量が多めですね。良かったです。

使用電力量が少なかった日ですね。

11月19日の発電量は

2016-11-19の太陽光発電の発電量の写真11月19日の発電量は0.5kwhでした。

売電量は0.0kwh!!!

使用電力は20.0kwhで、買電量は19.5kwhでした。

使った分だけ電気を買っています。。。

11月20日の発電量は

2016-11-20の太陽光発電の発電量の写真発電量は18.7kwhで、売電量が15.8kwhでした。

ホントの事を言うと、このくらいは発電してほしいところです。

雨でもこのくらい発電してくれたらいいのにな~。

2016年11月14日~11月20日の我が家の 太陽光発電の発電量と売電量の合計

発電量 売電量 自家消費
14日 2.3 0.5 1.8
15日 4.5 2.2 1.8
16日 4.2 1.3 2.9
17日 18.4 15.2 3.2
18日 16.7 14.1 2.6
19日 0.5 0.5 0.5
20日 18.7 15.8 2.9
合計 65.3 49.1 16.2

単位はすべてkwhです。

焦っている顔毎週こんなに発電量が少なかったらどうなっちゃうのかな?と思うくらい少ない発電量です。。

少しずつ日の出が遅くなり、日の入りが早くなり・・それだけでも発電量が減っていく季節なのに、オマケにお天気が良くなかったので65.3kwhと発電量が少なくなってしまったのだと思います。

もうすぐ11月も終わり。

11月の発電量は業者さんがでしてくれたシミュレーションよりも多く発電してくれるかな?発電してくれたらいいけどな~。

今までの発電量をシミュレーションと比較したページも良かったら見てみてくださいね。

このページでは実際に我が家で太陽光発電を導入した際にいただいた発電量シミュレーションと、我が家の太陽光システムで発電した実際の発電量とを比較...




 


太陽光発電の導入を検討している方へ

笑顔の絵です

たくさんのメリットがある太陽光発電ですが、導入にかかる費用が大きくて返済が大変なのじゃないのか?とか、本当にメリットがあるのか?とか、気になる事がたくさんあると思います。

このサイトではそんな悩みに少しでもお役に立てればと思って、なるべく多方面から我が家の実際の費用について公開しています。でも、屋根の大きさであったり、向きであったり、それぞれの家による違いは確実にあります。

そこでやっぱりプロの方の意見を聞くという事が大切になって来ます。その時に信頼できる業者さんを見つけることが一番失敗しない方法だと思うのです。

太陽光発電の導入を検討しているなら無料のあい見積もりは必須です!

初めてだと業者さんからもらった見積もりが妥当なのか、高すぎるのか安すぎるのかもさっぱりわかりません。このサイトのように実際に掛かった費用を公開しているサイトがたくさんあるので参考にはなると思います。でもやっぱり、今現在の価格ではないのは仕方のないことです。

そこで無料見積もりになるのです。

おススメの無料見積もりの取り方

タイナビ
では提携している業者さんの中から最大5社選んで見積もり依頼することができます。

なので、先にグリーンエネルギーナビ【住宅用】のお見積りプロモーションで見積もりをしてもらって、その後にタイナビ
で先に出た見積もり業者さんとは重複しないよう5社以内でえらんで見積もり依頼するのが良いと思います。

1.先にグリーンエネルギーナビで見積もりをしてもらう↓

 

2.次に先に見積もりしていない業者をタイナビで見積もりをしてもらう↓