2016年12月5日~12月11日の我が家の太陽光発電の発電量の記録

最近は随分と寒くなってきました、やっぱり12月ですね。
先日、田舎の金沢に行ってきたのですが、あられが降ったり、雪が舞ったりと、我が家がある太平洋側では考えられないようなお天気でした。

行っている間、お日様を見ることもなくて、太陽光発電には厳しい地域だな~と改めて感じました。

それでもたくさんの太陽光パネルが設置されていたのは土地が安いから採算が取れるのかもしれませんね。

我が家の様子から考えると、業者さんのシミュレーションはかなり優秀に作られているので、きっと金沢でもシミュレーションを基に採算が取れるように計算しているでしょうからね。

それでは先週の発電量のチェックをしてみましょう!

2016年12月5日の我が家の太陽光発電の発電量は

2016-12-05の太陽光発電の発電量の写真12月5日の発電量は17.4kwhでした。多かったですね(^^♪

売電量は15.1kwh、使用電力量は19.4kwhでした。

使用電力量が目標内です。

12月6日の発電量は

2016-12-06の太陽光発電の発電量の写真12月6日の発電量は19.7kwhでした。2日連続多めですね(^^♪

売電量は17.4kwhとこちらも多くなっています。

使用電力量が少ない日でした!

12月7日の発電量は

2016-12-07の太陽光発電の発電量の写真12月7日の太陽光発電の発電量は13.4kwhでした。

少し少なめですね。

発電量が少なくなると使用電力量が増えてきます。

12月8日の発電量は

2016-12-08の太陽光発電の発電量の写真12月8日の発電量は20.0kwhでした!久しぶりに20kwh越えです(^^♪

たくさん発電したのに使用電力量が跳ね上がってしまっています💦

12月9日の発電量は

2016-12-09の太陽光発電の発電量の写真12月9日の発電量は20.3kwhでした。

連日多めの発電量で嬉しいです(^^♪

やっぱり使用電力量が多すぎますね・・

12月10日の発電量は

2016-12-10の太陽光発電の発電量の写真12月10日の発電量は19.0kwhでした。

今週は発電量の多い日が続きますね(^^♪

使用電力量は18.2kwhと少な目でした。

12月11日の発電量は

2016-12-11の太陽光発電の発電量の写真12月11日の発電量は11.0kwhでした。

お天気が悪くて寒かったのかな?使用電力量が27.1kwhとすごく多くなっています。

2016年12月5日~12月11日の我が家の 太陽光発電の発電量と売電量の合計

発電量 売電量 自家消費
5日 17.4 15.1 2.3
6日 19.7 17.4 2.3
7日 13.4 11.2 2.2
8日 20.0 17.0 3.0
9日 20.3 17.4 2.9
10日 19.0 15.2 3.8
11日 11.0 8.1 2.9
合計 120.8 101.4 19.4

単位はすべてkwhです。

1週間の発電量の合計が120kwhを超えたのは随分と久しぶりの事です!ちょっと調べてみたら何と8月29日~9月4日の週に153.6kwhもの発電があったのですが、それ以来初でした。

ハートの着いた顔の絵です今年の秋は全然晴れが続かなくて、発電量が伸びないな~とは思っていましたが、そんなに前から120kwhを超えていなかったなんて驚きでした。

でも、発電量が多かったというのは嬉しいことですね~

これからもこのくらい発電してほしいものです。




 


太陽光発電の導入を検討している方へ

笑顔の絵です

たくさんのメリットがある太陽光発電ですが、導入にかかる費用が大きくて返済が大変なのじゃないのか?とか、本当にメリットがあるのか?とか、気になる事がたくさんあると思います。

このサイトではそんな悩みに少しでもお役に立てればと思って、なるべく多方面から我が家の実際の費用について公開しています。でも、屋根の大きさであったり、向きであったり、それぞれの家による違いは確実にあります。

そこでやっぱりプロの方の意見を聞くという事が大切になって来ます。その時に信頼できる業者さんを見つけることが一番失敗しない方法だと思うのです。

太陽光発電の導入を検討しているなら無料のあい見積もりは必須です!

初めてだと業者さんからもらった見積もりが妥当なのか、高すぎるのか安すぎるのかもさっぱりわかりません。このサイトのように実際に掛かった費用を公開しているサイトがたくさんあるので参考にはなると思います。でもやっぱり、今現在の価格ではないのは仕方のないことです。

そこで無料見積もりになるのです。

おススメの無料見積もりの取り方

タイナビ
では提携している業者さんの中から最大5社選んで見積もり依頼することができます。

なので、先にグリーンエネルギーナビ【住宅用】のお見積りプロモーションで見積もりをしてもらって、その後にタイナビ
で先に出た見積もり業者さんとは重複しないよう5社以内でえらんで見積もり依頼するのが良いと思います。

1.先にグリーンエネルギーナビで見積もりをしてもらう↓

 

2.次に先に見積もりしていない業者をタイナビで見積もりをしてもらう↓