2016年2月15日~2月21日の我が家の太陽光発電の発電量

こんにちは、私の住んでいる関東地方では昨日の午前中はポカポカの陽気でした!
でも、今日は曇っていて寒いです(^^;)

さあ、先週の発電量はどうだったのか、確認してみましょう(^^♪

2016年2月15日の太陽光発電の発電量は

2016-02-15の太陽光発電の発電量の写真2月15日の発電量は7.6kwhでした。

売電量は7.6kwhです。

使用電力量は22.8kwhとなっています。

発電量も売電量も今一つですね。。

2月16日の発電量は

2016-02-16の太陽光発電の発電量の写真2月16日の発電量は27.0kwhと多かったです(^^♪

そのおかげで売電量も23.3kwhと好調でした!

ただ、使用電力量も多くなっていて27.7kwhでした(^^;)

2月17日の太陽光発電の発電量は

2016-02-17の太陽光発電の発電量の写真2月17日の発電量は25.9kwhとまずまずの発電量でした!

売電量は22.3kwh、使用電力量は23.3kwhでした。

お天気が良いとこのくらいは発電してくれますね(^^♪

2月18日の太陽光パネルの発電量は

2016-02-18の太陽光発電の発電量の写真

18日の太陽光の発電量は23.1kwhでした。

売電量は18.9kwh、使用電力量は22.4kwhでした。

使用電力量は16日以外では同じような使用量となっていますね。

2月19日の太陽光発電の発電量は

2016-02-19の太陽光発電の発電量の写真2月19日の発電量は27.3kwhでした。

売電量は23.8kwhとこの発電量にして見れば多めになっています。

おそらく使用電力量が19.6kwhと久しぶりに目標値よりも下回っていることが関係しているように思います。

2月20日の太陽光発電の発電量は

2016-02-20の太陽光発電の発電量の写真2月20日は朝は曇っていたものの、すぐに雨が降り出した日でした。

なので発電量は1.7kwh(*_*)

売電量も0.4kwh(^^;)

使用電力は2.3.8kwhとなっています。

2月21日の太陽光発電の発電量は

2016-02-21の太陽光発電の発電量2月21日の発電量は20.1kwhでした。

午前中はポカポカと日が差してとても暖かい日でした。

午後からは少し曇ったので、この程度の発電量です。売電量は17.3kwh、使用電力量は15.4kwhでした。

ここ最近にしては使用電力量が少ないですね!次女が日中いなかったからでしょうか?
・・という事はい普段次女はどのくらい電気を使っているのかしら。。

2016年2月15日~21日の我が家の太陽光発電の発電量と売電量の合計

発電量 売電量 自家消費
15日 7.6 5.5 2.1
16日 27.0 23.3 3.7
17日 25.9 22.3 3.6
18日 23.1 18.9 4.2
19日 27.3 23.8 3.5
20日 1.7 0.4 1.3
21日 20.1 17.3 2.8
合計 132.7 111.5 21.2

いずれも単位はkwhです。

先週の発電量は134.7kwhで売電量は111.3kwhでしたので、今週とほとんど変わらない感じですね(*‘ω‘ *)

今週もたくさん発電してくれて嬉しいです(^^♪

これなら2月の総発電量も期待できそうですね~

でも、まだ1週間ほどありますからこの次の週に掛かっているかな?
たくさん発電してくれますように(#^^#)




 


太陽光発電の導入を検討している方へ

笑顔の絵です

たくさんのメリットがある太陽光発電ですが、導入にかかる費用が大きくて返済が大変なのじゃないのか?とか、本当にメリットがあるのか?とか、気になる事がたくさんあると思います。

このサイトではそんな悩みに少しでもお役に立てればと思って、なるべく多方面から我が家の実際の費用について公開しています。でも、屋根の大きさであったり、向きであったり、それぞれの家による違いは確実にあります。

そこでやっぱりプロの方の意見を聞くという事が大切になって来ます。その時に信頼できる業者さんを見つけることが一番失敗しない方法だと思うのです。

太陽光発電の導入を検討しているなら無料のあい見積もりは必須です!

初めてだと業者さんからもらった見積もりが妥当なのか、高すぎるのか安すぎるのかもさっぱりわかりません。このサイトのように実際に掛かった費用を公開しているサイトがたくさんあるので参考にはなると思います。でもやっぱり、今現在の価格ではないのは仕方のないことです。

そこで無料見積もりになるのです。

おススメの無料見積もりの取り方

タイナビ
では提携している業者さんの中から最大5社選んで見積もり依頼することができます。

なので、先にグリーンエネルギーナビ【住宅用】のお見積りプロモーションで見積もりをしてもらって、その後にタイナビ
で先に出た見積もり業者さんとは重複しないよう5社以内でえらんで見積もり依頼するのが良いと思います。

1.先にグリーンエネルギーナビで見積もりをしてもらう↓

 

2.次に先に見積もりしていない業者をタイナビで見積もりをしてもらう↓