2016年4月18日~4月24日の我が家の太陽光発電の発電量の記録

更新が遅れてしまった間にゴールデンウイークになりました。
昨日は雨が降ったり曇ったりだったのですが、今日はとっても良いお天気で発電も進みそうです(#^^#)

第2段階の電気料金のうちに掃除機かけちゃえ!と思ってさっき掃除機をかけていたのですが、そういえば今発電してるから発電した分から掃除機に使ってるんだった!と思い出しました。 お掃除するなら発電前にしなくちゃモッタイナかったんですね。。

それでは先週の発電量の確認に行きたいと思います。

2016年4月18日の太陽光発電の発電量は

2016-04-18の太陽光発電の記録の写真4月18日の発電量は24.7kwhでした。

売電量は21.1kwh(^^♪

使用電力量も目標クリアです( *´艸`)

暖かくなってきましたからね~嬉しいですね^^

4月19日の発電量は

2016-04-19の太陽光発電の発電量の記録写真4月19日の発電量は27.9kwhでした。
昨日よりも多いですね(^^♪

売電量も23.7kwhと多くなっています( *´艸`)

こんな日が続くと嬉しいですね~

4月20日の発電量は

2016-04-20の太陽光発電の発電量の写真4月20日の発電量は22.4kwhでした。

売電量は18.9kwh。

3日連続で発電量が多いですね(^^♪

嬉しい限りです。

4月21日の発電量は

2016-04-21の太陽光発電の発電量4月21日の発電量は9.1kwhでした。

売電量は4.6kwh。

最近にしては少な目ですが、それでも使用電力がギリギリ目標クリアです(^^♪

4月22日の太陽光発電の発電量は

2016-04-22の太陽光発電の発電量4月22日の発電量は23.0kwhでした。

売電量は19.5kwh(^^♪

ホント、今年になってようやく太陽光発電の季節になったのかしら?って感じです。

今年は雨が多かったですからね~

4月23日の発電量は

2016-04-23の太陽光発電の発電量4月23日の発電量は11.5kwhでした。

売電量は7.8kwh。

まあ、まずまずかな?

4月24日の太陽光発電の発電量は

2016-04-24の太陽光あ発電の発電量4月24日の発電量は3.5kwhでした。。

売電量は1.1kwh。

今週の中で一番発電しなかった日です。

まあ、1週間のうちに1日くらいはこんな日もありますよね。

2016年4月18日~24日の我が家の太陽光発電の発電量と売電量の合計

 発電量 売電量  自家消費
18日 24.7 21.1 3.6
19日 27.9 23.4 4.5
20日 22.4 18.9 3.5
21日 9.1 4.6 4.5
22日 23.0 19.5 3.5
23日 11.5 7.8 3.7
24日 3.5 1.1 2.4
合計 122.1 96.4 25.7

単位はいずれもkwhです。

先週の116.7kwhの発電よりも多かったですね(^^♪
売電もそれに伴って先週の91.6kwhよりも多くなっています。

このくらいの発電量と売電量が毎回続いてくれると良いのですが。。。
これからの季節、たんと売電してくれますように☆彡




 


太陽光発電の導入を検討している方へ

笑顔の絵です

たくさんのメリットがある太陽光発電ですが、導入にかかる費用が大きくて返済が大変なのじゃないのか?とか、本当にメリットがあるのか?とか、気になる事がたくさんあると思います。

このサイトではそんな悩みに少しでもお役に立てればと思って、なるべく多方面から我が家の実際の費用について公開しています。でも、屋根の大きさであったり、向きであったり、それぞれの家による違いは確実にあります。

そこでやっぱりプロの方の意見を聞くという事が大切になって来ます。その時に信頼できる業者さんを見つけることが一番失敗しない方法だと思うのです。

太陽光発電の導入を検討しているなら無料のあい見積もりは必須です!

初めてだと業者さんからもらった見積もりが妥当なのか、高すぎるのか安すぎるのかもさっぱりわかりません。このサイトのように実際に掛かった費用を公開しているサイトがたくさんあるので参考にはなると思います。でもやっぱり、今現在の価格ではないのは仕方のないことです。

そこで無料見積もりになるのです。

おススメの無料見積もりの取り方

タイナビ
では提携している業者さんの中から最大5社選んで見積もり依頼することができます。

なので、先にグリーンエネルギーナビ【住宅用】のお見積りプロモーションで見積もりをしてもらって、その後にタイナビ
で先に出た見積もり業者さんとは重複しないよう5社以内でえらんで見積もり依頼するのが良いと思います。

1.先にグリーンエネルギーナビで見積もりをしてもらう↓

 

2.次に先に見積もりしていない業者をタイナビで見積もりをしてもらう↓