2016年5月2日~8日の我が家の太陽光発電の発電量の記録

何だか忙しくってすっかり更新が遅れてしまいました💦
こんなことではいけません。気合を入れないと、私の場合には三日坊主ならぬ一年坊主の危機があるのです(^^;)

それでは先週の発電量の記録に行ってみようと思います。

2016年5月2日の太陽光発電の発電量は

2016-5-2の太陽光発電の発電量の写真5月2日の発電量は14.6kwhでした。

売電量は9.7kwhです。

ゴールデンウイークの合間の平日でしたね~。暑くもなく、寒くもなく、平和な感じでした。

5月3日の発電量は

2016-5-3の太陽光発電の発電量の写真5月3日の発電量は21.1kwhもありました!

ラッキー♡ お天気が良くて発電が進むと嬉しいですねっ。

売電量は16.3kwhでした。

たくさん売電できましたね~。

5月4日の発電量は

2016-5-4の太陽光発電の発電量の写真5月4日の太陽光発電の発電量は30.2kwh!でした(^^♪

前日よりも発電していますねっ( *´艸`)

売電量も26.4kwh! たくさん売電してくれました~

5月5日の太陽光の発電量は

2016-5-5の太陽光発電の発電の写真5月5日の発電量は30.4kwhでした!
前日に引き続き、大量発電ですッ!

さすが子供の日、晴れの特異日でしたよね(*‘ω‘ *)

売電量も25.0kwhと多めです

5月6日の発電量は

2016-5-6の太陽光発電の発電量の写真5月6日の発電量は10.1kwhでした。
ちょっと少な目ですね。

なので売電量も少なめの5.9kwhでした。

まあ、このくらい暖かくなってくると使用電力量が目標値を上回ることが無くなってきていますね。良いことです(^^♪

5月7日の発電量は

2016-5-7の太陽光発電の発電量の写真5月7日の発電量は25.3kwhでした(^^♪

やっぱりこのくらい発電してほしいですね~。

売電量は20.6kwhでした
まずまずですね。

5月8日の発電量は

2016-5-8の太陽光発電の発電量の写真5月8日の発電量は26.5kwhでした(^^♪

となると、今週は1ケタ台の発電量の日がありませんでしたね~( *´艸`)

1週間のまとめが楽しみです。

売電量は22.3kwhでした。

2016年5月2日~8日の我が家の太陽光発電の発電量と売電量の合計

発電量 売電量 自家消費
2日 14.6 9.7 4.9
3日 21.1 16.3 4.8
4日 30.2 26.4 3.8
5日 30.4 25.0 5.4
6日 10.1 5.9 4.2
7日 25.3 20.6 4.7
8日 26.5 22.3 4.2
合計 158.2 126.2 32.0

単位はいずれもkwhです。ハートの着いた顔の絵です

発電量!158.2kwhも行きましたね~(^^♪
さすが5月です!!

確か昨年は5月が年間で一番発電量の多い月だったんですよね~
今確認したら昨年5月はひと月で707kwhも発電していました。

今年はどうかしら~?
今年も期待してますよ~

さて、更新をさぼっている間に東京電力からの電気料金のお知らせも届いているし、4月の発電量のまとめもしなきゃいけないし。。このページを更新したら更新したいと思います。




 


太陽光発電の導入を検討している方へ

笑顔の絵です

たくさんのメリットがある太陽光発電ですが、導入にかかる費用が大きくて返済が大変なのじゃないのか?とか、本当にメリットがあるのか?とか、気になる事がたくさんあると思います。

このサイトではそんな悩みに少しでもお役に立てればと思って、なるべく多方面から我が家の実際の費用について公開しています。でも、屋根の大きさであったり、向きであったり、それぞれの家による違いは確実にあります。

そこでやっぱりプロの方の意見を聞くという事が大切になって来ます。その時に信頼できる業者さんを見つけることが一番失敗しない方法だと思うのです。

太陽光発電の導入を検討しているなら無料のあい見積もりは必須です!

初めてだと業者さんからもらった見積もりが妥当なのか、高すぎるのか安すぎるのかもさっぱりわかりません。このサイトのように実際に掛かった費用を公開しているサイトがたくさんあるので参考にはなると思います。でもやっぱり、今現在の価格ではないのは仕方のないことです。

そこで無料見積もりになるのです。

おススメの無料見積もりの取り方

タイナビ
では提携している業者さんの中から最大5社選んで見積もり依頼することができます。

なので、先にグリーンエネルギーナビ【住宅用】のお見積りプロモーションで見積もりをしてもらって、その後にタイナビ
で先に出た見積もり業者さんとは重複しないよう5社以内でえらんで見積もり依頼するのが良いと思います。

1.先にグリーンエネルギーナビで見積もりをしてもらう↓

 

2.次に先に見積もりしていない業者をタイナビで見積もりをしてもらう↓