2016年8月15日~8月21日の我が家の太陽光発電の発電量の記録

kao16昨日は台風が3つも日本列島の周りに発生していて、私の住んでいるところも暴風雨がすごかったです💦

電車もバスも止まっちゃうし、お隣の町は全世帯避難勧告出ちゃうし。。ととても大変な状態でした。

なのに、いつもよりも遠くである仕事の講習会に行かなきゃいけなくて・・
なんて会社! って思ったのですが、車で行く人にお願いしてようやく行くことができたのでした。

お仕事を続けるって大変ですよね。。

さあ、気分を変えて先週の発電量チェックに行ってみようと思います。

2016年8月15日の太陽光発電の発電量は

2016-08-15の太陽光発電の発電量の写真8月15日の発電量は7.5kwhでした。

少ないですね💦

なので売電量も4.3kwhと少なかったです。

買電量はちょっと多めの13.3kwhでした。

8月16日の発電量は

2016-08-16の太陽光発電の発電量の写真8月16日の発電量は25.1kwhでした(^^♪

売電量も19.4kwhと多めです。

買電量は11.5kwh少しだけ少なめでした。

8月17日の発電量は

2016-08-17の太陽光発電の発電量8月17日の発電量は24.4kwhでした。

売電量は15.4kwhでした。発電量と比べると随分少ないですね💦

使用電力量が22.5kwhと多いのは暑くてエアコンを入れていたからですね!

8月18日の発電量は

2016-08-18の太陽光発電の発電量の写真8月8日の発電量は13.2kwhでした。

売電量は9.8kwhと少なめです。

使用電力量が発電量よりも随分と多めなのがグラフからわかりますね。

8月19日の発電量は

2016-08-19の太陽光発電の発電量の写真8月19日の発電量は25.3kwhでした。

そして売電量は20.7kwhでした!

売電量が20kwhを超えたのはこの週では初めてですね(^^♪

8月20日の発電量は

2016-08-20の太陽光発電の発電量の写真8月20日の発電量は20.4kwhでした。

売電量は14.6kwhです。

使用電力量は18.2kwhでした。

そういえば、リオオリンピックで夜遅くまでテレビを見ていたので使用電力が多いのかもしれません。

8月21日の発電量は

2016-08-21の太陽光発電の発電量の写真8月2日の発電量は22.2kwhでした。

売電量は17.2kwhでした。

使用電力量は19.4kwhです。

やっぱり使用電力が多めですね。

オリンピック見たからだと思います(*´ω`*)

2016年8月15日~8月21日の我が家の太陽光発電の発電量と売電量の合計

発電量 売電量 自家消費
15日 7.5 4.3 3.2
16日 25.1 19.4 5.7
17日 24.4 15.4 9.0
18日 13.2 9.8 3.4
19日 25.3 20.7 4.6
20日 20.4 14.6 5.8
21日 22.2 17.2 5.0
合計 138.1 101.4 36.7

単位はいづれもkwhです。

kao15

先週の発電量が131.9kwhでしたので、それよりも少しだけ多いですね。

売電量も先週よりも少しだけ多くなっています。

考えたら台風が来て暴風雨だった昨日は月曜日なので来週の合計に入るのですね💦

なので来週計算する分は少ないかもしれませんね、でも、先週は多かったし、その前もその前も多かったので、8月の合計が楽しみです。




 


太陽光発電の導入を検討している方へ

笑顔の絵です

たくさんのメリットがある太陽光発電ですが、導入にかかる費用が大きくて返済が大変なのじゃないのか?とか、本当にメリットがあるのか?とか、気になる事がたくさんあると思います。

このサイトではそんな悩みに少しでもお役に立てればと思って、なるべく多方面から我が家の実際の費用について公開しています。でも、屋根の大きさであったり、向きであったり、それぞれの家による違いは確実にあります。

そこでやっぱりプロの方の意見を聞くという事が大切になって来ます。その時に信頼できる業者さんを見つけることが一番失敗しない方法だと思うのです。

太陽光発電の導入を検討しているなら無料のあい見積もりは必須です!

初めてだと業者さんからもらった見積もりが妥当なのか、高すぎるのか安すぎるのかもさっぱりわかりません。このサイトのように実際に掛かった費用を公開しているサイトがたくさんあるので参考にはなると思います。でもやっぱり、今現在の価格ではないのは仕方のないことです。

そこで無料見積もりになるのです。

おススメの無料見積もりの取り方

タイナビ
では提携している業者さんの中から最大5社選んで見積もり依頼することができます。

なので、先にグリーンエネルギーナビ【住宅用】のお見積りプロモーションで見積もりをしてもらって、その後にタイナビ
で先に出た見積もり業者さんとは重複しないよう5社以内でえらんで見積もり依頼するのが良いと思います。

1.先にグリーンエネルギーナビで見積もりをしてもらう↓

 

2.次に先に見積もりしていない業者をタイナビで見積もりをしてもらう↓