2017年3月20日~26日の我が家の太陽光発電の発電量の記録

ここ数日とっても寒い日が続いています。寒いです

そこで、いま何度くらいかな?と思ってみてみたら、朝の気温が2℃!

寒いわけです。

我が家のある地域はわりと暖かい地域なのですが、3月にこの気温なんて、今までにあったのかしら?

ホント、日中のお日様も出ていない日もあるし、これでは発電量が進んでいないかもしれませんね💦

先週の太陽光発電の発電量をチェックしてみましょう。

2017年3月20日の太陽光発電の発電量は

2017-03-20の太陽光発電の発電量3月20日の発電量は26.4kwhでした。

まだお天気だったころですね。

家族で旅行に行っていたので使用電力量や買電量が少なくなっています。

3月21日の発電量は

2017-03-21の太陽光発電の発電量3月21日の発電量は3.6kwhでした。

お天気がイマイチだったのでしょうね。

売電量が1.4kwhと、雀の涙ほどでした。

3月22日の発電量は

2017-03-22の太陽光発電の発電量3月22日の発電量は29.5kwhでした!

たくさん発電してくれています(^^♪

そして、使用電力量も少ないので買電量も少ないです!

とってもいい感じです。

3月23日の発電量は

2017-03-23の太陽光発電の発電量3月23日の発電量は15.4kwhでした。

この日も使用電力量が目標くらいです(^^♪

売電量は11.6kwhでした。

3月24日の発電量は

2017-03-24の太陽光発電の発電量3月24日の発電量は16.2kwhでした。

売電量は13.1kwh、使用電力量が急にアップしました💦

寒かったのかな?

なので買電量は23.5kwhとそちらも多かったです。

3月25日の発電量は

2017-03-25の太陽光発電の発電量3月25日の発電量は20.6kwhでした。

使用電力量は24.1kwhと少し多めで、買電量は19.6kwhとやっぱり少し多め、売電量は16.1kwhでした。

3月26日の発電量は

2017-03-26の太陽光発電の発電量3月26日の発電量は3.2kwhでした💦

発電量が少ないので売電量も0.3kwhとほとんど売電できず、寒かったので使用電力量は26.0kwhと多め、なので買電量は23.1kwhでした。

2017年3月20日から26日の我が家の太陽光発電の発電量と売電量の合計

発電量 売電量 自家消費
20日 26.4 22.8 3.6
21日 3.6 1.4 2.2
22日 29.5 25.9 3.6
23日 15.4 11.6 3.8
24日 16.2 13.1 3.1
25日 20.6 16.1 4.5
26日 3.2 0.3 2.9
合計 114.9 91.2 23.7

単位は全てkwhです。

発電量の多い日もあれば少ない日もあるので、どうかな~?と思っていた発電量ですが、先週発電量が113.4kwhだったことを考えるとそれほど少なくなかったのだと思います。

その前の週から見ると2割減となっていたので、モチロン多くはないのですが。。

春は暖かくなったり寒くなったりして段々と暖かくなるのでしょうから、このくらいは普通かもしれませんね。

ここしばらく寒い日が続いているので、来週のまとめが気になるところです。

また来週になったら記録として書きたいと思います。




 


太陽光発電の導入を検討している方へ

笑顔の絵です

たくさんのメリットがある太陽光発電ですが、導入にかかる費用が大きくて返済が大変なのじゃないのか?とか、本当にメリットがあるのか?とか、気になる事がたくさんあると思います。

このサイトではそんな悩みに少しでもお役に立てればと思って、なるべく多方面から我が家の実際の費用について公開しています。でも、屋根の大きさであったり、向きであったり、それぞれの家による違いは確実にあります。

そこでやっぱりプロの方の意見を聞くという事が大切になって来ます。その時に信頼できる業者さんを見つけることが一番失敗しない方法だと思うのです。

太陽光発電の導入を検討しているなら無料のあい見積もりは必須です!

初めてだと業者さんからもらった見積もりが妥当なのか、高すぎるのか安すぎるのかもさっぱりわかりません。このサイトのように実際に掛かった費用を公開しているサイトがたくさんあるので参考にはなると思います。でもやっぱり、今現在の価格ではないのは仕方のないことです。

そこで無料見積もりになるのです。

おススメの無料見積もりの取り方

タイナビ
では提携している業者さんの中から最大5社選んで見積もり依頼することができます。

なので、先にグリーンエネルギーナビ【住宅用】のお見積りプロモーションで見積もりをしてもらって、その後にタイナビ
で先に出た見積もり業者さんとは重複しないよう5社以内でえらんで見積もり依頼するのが良いと思います。

1.先にグリーンエネルギーナビで見積もりをしてもらう↓

 

2.次に先に見積もりしていない業者をタイナビで見積もりをしてもらう↓