太陽光発電のデメリット

電球色々なデメリットの予測はできるのですが、実際に太陽光発電を導入した後、感じているデメリットを書いていこうと思います。

  1. 設置費用が高かった!
  2. 雨が続くとあまり発電しない!

設置費用が高かった(T_T)

我が家の実際の設置費用はというと・・・

太陽光発電システムの設置が、1,520,000円
詳しくは我が家の太陽光発電の導入費用はをご覧ください。

我が家の太陽光発電の導入費用は

エコキュートが420,000円でした
詳しくはエコキュートの導入コストをご覧ください。

エコキュートの導入コスト

なので合計1,940,000円!

これはとっても高いですよねっ!

う~ん、この金額を見ちゃうと私なら導入しません。。

でもそう思ったので、私は夫が決定するまで金額を聞かなかったのです。

前回自分が導入検討しながらも導入しなかったのは太陽光発電のシステムが高かったからです。
(でも、メリットを考えるともっと早く導入したほうが売電価格が高かったので、もしあの時導入していたら・・って今は思っています)

この金額が、太陽光発電や節電の儲けによっていつ返済できるのか、このホームページで書いていこうと思います。

売電価格の累計は太陽光パネルに掛かった費用は実際に売電した金額何年分で元が取れるかの検証をご覧ください。

太陽光パネルに掛かった費用は実際に売電した金額だけで計算すると何年分で元が取れるかの検証

雨が続くとあんまり発電しないです(T_T)

太陽光発電を設置してからしばらく、春だったのでジャンジャン発電しました!ちなみに2015.06.29の発電量

しか~し!

最近の梅雨による雨続きで確実に毎日の発電量が落ちています。(梅雨時期の日照が少ない日の発電量

なので、雨が続くと発電量って落ちるな~。今月は売電金額いくらかな~・・・と思ってしまします。

まあ、雨が降らなきゃ夏の水不足が大変なので雨は降って欲しいには欲しいのですが。。)

******<2016年10月追記>******

今年の9月は台風の影響などいろいろとあって、本当に雨の日が多かったです💦

発電量もこちらを見ていただけると分かるのですが、2015年の9月には448.2kwhの発電があったのに、2016年の9月には382.1kwhの発電しかありませんでした。2015年の約85%の発電量です。

そうなって来ると、当然売電量とそれに伴うお金も違ってきます。

太陽光発電2016年10月のの売電料金の写真

上の写真を見ていただいたら分かると思うのですが、2016年9月に発電した分は29日間で7,548円にしかなりませんでした。

kao17ちなみに、2015年の9月に発電した分は32日間で382kwh、14,134円でした。
まあ、32日間と29日間という違いは大きいかもしれませんが、その違いで売った電気のお金が14,134円と7,548円って。。

悲しいくらい違いますよね。

お天気って、神様任せのところがあるから、やっぱりそこがデメリットと言えばデメリットでしょうか。

*****追記終わり*****

今のところそんな感じかな~
また気が付いたら追加しますね(^^)/




 


太陽光発電の導入を検討している方へ

笑顔の絵です

たくさんのメリットがある太陽光発電ですが、導入にかかる費用が大きくて返済が大変なのじゃないのか?とか、本当にメリットがあるのか?とか、気になる事がたくさんあると思います。

このサイトではそんな悩みに少しでもお役に立てればと思って、なるべく多方面から我が家の実際の費用について公開しています。でも、屋根の大きさであったり、向きであったり、それぞれの家による違いは確実にあります。

そこでやっぱりプロの方の意見を聞くという事が大切になって来ます。その時に信頼できる業者さんを見つけることが一番失敗しない方法だと思うのです。

太陽光発電の導入を検討しているなら無料のあい見積もりは必須です!

初めてだと業者さんからもらった見積もりが妥当なのか、高すぎるのか安すぎるのかもさっぱりわかりません。このサイトのように実際に掛かった費用を公開しているサイトがたくさんあるので参考にはなると思います。でもやっぱり、今現在の価格ではないのは仕方のないことです。

そこで無料見積もりになるのです。

おススメの無料見積もりの取り方

タイナビ
では提携している業者さんの中から最大5社選んで見積もり依頼することができます。

なので、先にグリーンエネルギーナビ【住宅用】のお見積りプロモーションで見積もりをしてもらって、その後にタイナビ
で先に出た見積もり業者さんとは重複しないよう5社以内でえらんで見積もり依頼するのが良いと思います。

1.先にグリーンエネルギーナビで見積もりをしてもらう↓

 

2.次に先に見積もりしていない業者をタイナビで見積もりをしてもらう↓