11月分電気使用量のお知らせと購入電力量のお知らせが届きました

最近あまり詳しく書いていなかったので久しぶりに電気料金の事を詳しく書いてみようと思います。

11月分の電気料金の計算期間は・・

2016年11月分の電気料金はの計算期間は10月5日から11月6日の33日間となっています。

10月と言えば、今年の今までで最悪の発電量の376.1kwhでした。我が家に太陽光発電を設置してからでは昨年の11月の339.5kwhに次いで、ワースト2の月間発電量です。

このページでは実際に我が家で太陽光発電を導入した際にいただいた発電量シミュレーションと、我が家の太陽光システムで発電した実際の発電量とを比較...

お天気がイマイチでしたからね。。

ちなみに去年の10月は556.7kwhも発電したんですっ。大きな違いですね。

まずは電気使用量について

電気使用量は33日間で520kwhでした。

内訳はというと。。
昼間・21kwh  朝晩・133kwh 夜間・366kwh です。

詳しくはhttp://sus.click/priusphv/taiyoukou-denkidai.htmlを見てもらえると分かると思うのですが、昼間とは午前10時から午後5時朝晩とは午前7時から10時と午後5時から11時で、夜間とは午後11時~午前7時を指します。

我が家の場合には断然!夜間の使用量が多くなっているのが分かりますね!

指差しの顔それは電気料金単価の安い夜間料金のうちに

・プリウスPHVへの充電
・エコキュートでお湯を作る
・炊飯
・洗濯

など、たくさん電気を使いそうな事を済ませてしまうからです。

あと、日中の太陽光発電で発電している間は太陽光パネルが発電した電気を優先的に使うようになっているので、昼間の電力使用量が少なくなっているのだと思います。

さて、東京電力からの請求予定金額は合計520kwhを使用して、電気料金は8,245円でした。

皆さんのご家庭と比べていかがでしょうか?

安い?それとも高い?
安いと思った方は、今は電力自由化で電気会社を選べるようになていますので、一度シミュレーションしてみると良いかもしれませんね。


次は購入電力量のお知らせについて

kao2東京電力から見たら購入電力量ですが、私からみたら東京電力が買ってくれた電力量(売電量)です。

11月分の売電量は33日間で335kwhでした。

売電価格は12,395円♪

とってもありがたいです。

ちなみに、去年の11月分は457kwhも売電できていたので16,909円もの売電価格がありました。それに比べたらちょっと残念かな? でも、発電量が減っているのだから、これは仕方がない話ですね。。

まとめ

今年の10月はお天気に恵まれなかったので発電量が今までのワースト2だったのですが、それでも12,395円の売電ができました。

電気料金も520kwhもつかった割には8,425円と安いほうだと思います。

それも、夜間に電気を使うように工夫したり、昼間使った電気は発電から使われたりして料金が抑えられているからだと思います。

太陽光発電の発電量は確かにお天気に左右されますが、発電量が少ない月にも十分におトクだといえると思います。




 


太陽光発電の導入を検討している方へ

笑顔の絵です

たくさんのメリットがある太陽光発電ですが、導入にかかる費用が大きくて返済が大変なのじゃないのか?とか、本当にメリットがあるのか?とか、気になる事がたくさんあると思います。

このサイトではそんな悩みに少しでもお役に立てればと思って、なるべく多方面から我が家の実際の費用について公開しています。でも、屋根の大きさであったり、向きであったり、それぞれの家による違いは確実にあります。

そこでやっぱりプロの方の意見を聞くという事が大切になって来ます。その時に信頼できる業者さんを見つけることが一番失敗しない方法だと思うのです。

太陽光発電の導入を検討しているなら無料のあい見積もりは必須です!

初めてだと業者さんからもらった見積もりが妥当なのか、高すぎるのか安すぎるのかもさっぱりわかりません。このサイトのように実際に掛かった費用を公開しているサイトがたくさんあるので参考にはなると思います。でもやっぱり、今現在の価格ではないのは仕方のないことです。

そこで無料見積もりになるのです。

おススメの無料見積もりの取り方

タイナビ
では提携している業者さんの中から最大5社選んで見積もり依頼することができます。

なので、先にグリーンエネルギーナビ【住宅用】のお見積りプロモーションで見積もりをしてもらって、その後にタイナビ
で先に出た見積もり業者さんとは重複しないよう5社以内でえらんで見積もり依頼するのが良いと思います。

1.先にグリーンエネルギーナビで見積もりをしてもらう↓

 

2.次に先に見積もりしていない業者をタイナビで見積もりをしてもらう↓