2017年3月のの電気料金と売電金額のまとめ

3月分の電気料金のお知らせが届いていたのに、記事を書くことをすっかり忘れてしまっていました💦

先日プロパンガスの料金のお知らせが届いて、ようやく気が付いた次第です。

なので、今月は電気料金と一緒にプラパンガスの料金についても書いてみようと思います。

さて、今回(3月分)のお知らせの期間は・・・

2月6日~3月6日の29日間。という事だそうです。

2017年3月分の電気料金は

我が家の3月分の電気使用量は29日間で646kwh、料金は税込み9,690円でした。

ちなみに先月2月分は31日間で724kwhでした。2日短い分使用電力も減ったのでしょうか?

1日の使用量で比べてみましょう!

2月は31日間で724kwhだったという事は1日あたり23.35kwh。

3月は29日間で646kwhだったという事は、1日あたり22.27kwhとなりました。

1日あたりにしても少しではありますが減っていますね!

ようやく長い冬の時期を越してきつつあるのかもしれませんね~(^^♪

ちなみに去年の3月分は・・・

32日間で711whでした。

これも1日あたりに計算してみましょう。

すると22.21kwhになりました!

今年の3月分とそれほど変化はないようですね。

ホッと一安心です。

2月の使用量が多かったので、チョット心配していたのです。

2017年3月分の使用電力の内訳は

昼間が12kwh ・朝晩が124kwh ・夜間が510kwhでした!

詳しくはhttp://sus.click/priusphv/taiyoukou-denkidai.htmlを見てもらえると分かると思うのですが、我が家の電気の契約では昼間とは午前10時から午後5時朝晩とは午前7時から10時と午後5時から11時で、夜間とは午後11時~午前7時を指します。

やっぱり夜間がダントツで多いですね!

給湯も、充電も、炊飯も、全部夜間に行っていますからね、、仕方のないことだと思います。

それに、昼間は太陽光発電で発電した電気から使っているので、どうしても東京電力の電気使用量は少なくなるんですよね・・・

実際には日中電気を使っていても東京電力からの電気使用量のお知らせには反映されませんからね。

まあ、暖気料金が少なくなるっていうのが太陽光発電のメリットの一つですからね。そうなります。

さて、我が家の1月の電気料金は724kwh使用して、10,594円の電気料金でした。皆さんのおうちと比べてどうでしょうか? 使っている割には金額が少ないと思いませんか?

我が家の場合には夜間料金の使える東京電力で契約するのが電気料金が一番安くなる契約方法です。

今は電力自由化の時代ですから、いまよりも電気量金を安くしたいと思うなら、自分の家ではどこと契約したら一番お得なのかを調べてみると良いと思いますよ。

一度今使っている電力会社とは別のところでシミュレーションしてみることをお勧めします。

電力自由化の電気はなんだかめんどくさそうと思っていませんか?携帯とセットならとか、ガスがセットならとか、例えばENEOSでんきならそんなセットで申し込まなくても大丈夫です。(ただし、契約地域が関東周辺に限られています。)

詳しくはここ↓でシミュレーションしてみると良いと思います。もちろん無料です。


そして、タイナビスイッチなら面倒なセット割にも対応して計算しているそうです。携帯電話やガス、インターネットやケーブルテレビなどの契約も考えて一番お得に計算してくれるそうですよ。

2017年3月の購入電力量のお知らせは

購入電力量は東京電力が買ってくれる電気(売電量)のお知らせです。

2月6日~3月6日の29日間で東京電力が買ってくれる購入電力量(我が家の太陽光発電で発電した電気)は420kwhでした!

金額にすると15,540円!

ありがたいですね~(^^♪

ちなみに去年の3月分は32日間で468kwhでした。

まあ、こんなものかな?

購入電力量のお知らせが届いたので・・

東京電力から購入電力量のお知らせが届いて、我が家の太陽光発電が2月に稼いでくれた金額が15,540円と決まりましたので、太陽光パネルに掛かった費用は実際に売電した金額だけで計算すると何年分で元が取れるかの検証のページを更新したいと思います。

太陽光発電を導入して、我が家の光熱費の合計はグーン!とさがったのですが、このページでは発電して売れた金額だけで太陽光発電のシステムの元を取るとしたら何年かかるかの記録をつけています。

我が家が太陽光発電にかかった費用の確認 我が家で太陽光発電を設置した時(2015年3月)の自己負担額は写真でもわかるように、工事料...

よかったら、のぞいてみてくださいね。

3月分のガス料金も決まりました

今回のプロパンガスの料金は7,469円でした。

使用量は11.4㎥

高いですよね。。。

我が家では料理と床暖房にプロパンガスを使っています。

実は先日床暖房が動かなくなったことがありまして。。。その時はとっても焦りました💦

床暖房がつかないということは、その日は暖房無しですよ!

間違えました(^^;)

そういえば急いで2階からホットカーペットを持ってきて、家族みんなで1か所に集まって温まったのでした💦

真冬にホットカーペットだけで寒かったです。。

まあ、次の日にガス屋さんに来てもらってすぐに解決したので良かったものの、築年数14年の我が家の床暖房ですから、既に14年経っているんです。

今後が心配です。。

もしもガス床暖房が壊れたら、またガスにするしかないのかな?

それとも電気に変えられるのかな?

そのあたりも、もしものために調べておいた方が良いかもしれませんね。




 


太陽光発電の導入を検討している方へ

笑顔の絵です

たくさんのメリットがある太陽光発電ですが、導入にかかる費用が大きくて返済が大変なのじゃないのか?とか、本当にメリットがあるのか?とか、気になる事がたくさんあると思います。

このサイトではそんな悩みに少しでもお役に立てればと思って、なるべく多方面から我が家の実際の費用について公開しています。でも、屋根の大きさであったり、向きであったり、それぞれの家による違いは確実にあります。

そこでやっぱりプロの方の意見を聞くという事が大切になって来ます。その時に信頼できる業者さんを見つけることが一番失敗しない方法だと思うのです。

太陽光発電の導入を検討しているなら無料のあい見積もりは必須です!

初めてだと業者さんからもらった見積もりが妥当なのか、高すぎるのか安すぎるのかもさっぱりわかりません。このサイトのように実際に掛かった費用を公開しているサイトがたくさんあるので参考にはなると思います。でもやっぱり、今現在の価格ではないのは仕方のないことです。

そこで無料見積もりになるのです。

おススメの無料見積もりの取り方

タイナビ
では提携している業者さんの中から最大5社選んで見積もり依頼することができます。

なので、先にグリーンエネルギーナビ【住宅用】のお見積りプロモーションで見積もりをしてもらって、その後にタイナビ
で先に出た見積もり業者さんとは重複しないよう5社以内でえらんで見積もり依頼するのが良いと思います。

1.先にグリーンエネルギーナビで見積もりをしてもらう↓

 

2.次に先に見積もりしていない業者をタイナビで見積もりをしてもらう↓