太陽光パネルに掛かった費用は実際に売電した金額だけで計算すると何年分で元が取れるかの検証

我が家が太陽光発電にかかった費用の確認

太陽光発電にかかった費用のその2の写真です

我が家で太陽光発電を設置した時(2015年3月)の自己負担額は写真でもわかるように、工事料金、材料費、消費税込みの金額から自治体の補助金(52,000円)を差し引きして1,468,000円でした。

このページではこの金額に売電料金の合計だけで掛かった費用に何年何か月かかって追いつくのかを検証したいと思います。

このページで使う売電料金とは何を指すのか

売電料金

ここでいう売電料金とは、東京電力から毎月届く購入電力量のお知らせに載っている購入予定金額とします。

例えば2015年8月分だと左の写真を参考に17,427円ですね

ちなみに、本来ローンを組んだ銀行へは金利も払っているのですが、計算が大変なので金利分は無視したいと思います。

太陽光発電を導入してからの売電料金の累計を計算

ここで、今まで東京電力に購入していただいた電気料金の累計を計算してみようと思います。

kao15太陽光発電を導入して一番気になるところは売電によってどのくらいの収入があるのか?といったところですよね。私もそうでした。

太陽光発電を導入することによって得たおトクは他にもたくさんあるのですが、ここでは売電料金だけをクローズアップして検証してみたいと思います。

下のグラフの単位は円です。
売電料金については先に書きましたので、累計はその売電金額を単純に足していったものを書きます。

残金は、我が家が太陽光発電に掛かった費用から売電料金を毎月引いていった金額を書いてあります。

さて、残金が0円になるのはいつでしょうね(^^♪

年月 売電料金 累計 残金
2015年4月 4,958 4,958 1,463,042
2015年5月 17,871 22,829 1,445,171
2015年6月 18,019 40,848 1,427,152
2015年7月 11,137 51,985 1,416,015
2015年8月 17,427 69,412 1,398,588
2015年9月 13,727 83,139 1,384,861
2015年10月 14,134 97,273 1,370,727
2015年11月 16,909 114,182 1,353,818
2015年12月 8,140 122,322 1,345,678
 2016年1月 14,541 136,863 1,331,137
 2016年2月 13,320 150,183 1,317,817
 2016年3月 17,316 167,499 1,300,501
2016年4月 11,655 179,154 1,288,846
 2016年5月 17,279 196,433 1,271,567
 2016年6月 16,650 213,083 1,254,917
 2016年7月 12,025 225,108 1,242,892
 2016年8月 13,764 238,872 1,229,128
2016年9月 18,093 256,965 1,211,035
2016年10月 7,548 264,513 1,203,487
 2016年11月  8,245 272,758 1,195,242
2016年12月  9,657 282,415 1,185,585
2017年1月 15,281 297,696 1,170,304
2017年2月 18,093 315,789 1,152,211
2017年3月 15,540 331,329 1,136,671
2017年4月 16,909 348,238 1,119,762
2017年5月 19,869 368,107 1,099,893
2017年6月 17,575 385,682 1,082,318
2017年7月 13,505 399,187 1,068,813
2017年8月 15,910 415,097 1,052,903
2017年9月 12,839 427,936 1,040,064

2016年5月

太陽光発電を設置して1年が経ちました。
1年間で売電できた金額は(半端な最初の4月は抜いて)174,196円です。

174,196円×8年=1,393,568円

それで1,468,000円の費用が掛かっているのでこのままの売電料金が続けば目標の8年ではちょっと厳しそうですね💦 でも、8年半あれば大丈夫そうです(^^♪

もしも売電料金だけではなくて下に書いたおトクもちゃんと計算したら、もっと早く太陽光発電に掛かった費用が回収できることになりますね!

ちなみに毎月の発電量の推移はこちら↓で分かります

このページでは実際に我が家で太陽光発電を導入した際にいただいた発電量シミュレーションと、我が家の太陽光システムで発電した実際の発電量とを比較...

2017年5月

太陽光発電を設置して2年が経ちました!

今月(2017年5月分)の売電金額はこの2年間の中で一番多い19,869円でした(^^♪

さて、この1年間で売電できた金額は188,953円、なかなか良い結果だと思います。

昨年1年間の売電金額は174,196円でしたので、すこし去年よりも多く売電することができました。有難いことです。

次の1年間も順調に発電してくれることを願っています。

太陽光発電でお得になるのはこの程度かって思うのはチョット待って、他にもおトクがあるんです!

kao5

このページでは、太陽光発電のパネルなどの設置にかかった費用を、東京電力に買い取ってもらった金額のみで払うにはどのくらいの期間が必要なのかの試算をしています。

でも実際には太陽光発電の導入でおトクになるのは上に書いた売電による入金だけではありません。

まず第一に、東京電力に買い取ってもらう電力量は、我が家の太陽光パネルが発電した電力のうち、我が家が使った分のあまりの電力量になります

つまり、太陽光パネルが発電している間に我が家でテレビを見たり、洗濯機を回したりしたら太陽光パネルで発電した分から使うようになっています。
そして、使用電力が発電した分では足りない部分を東京電力から買うといった仕組みです。

という事は・・・毎月の電気代が安くなるという事ですね!

太陽光発電を設置して気が付いたメリットです。 電気代が安くなった! 光熱費(ガス代を入れても)が安くなった! プリウス...

同時にエコキュートにすることによって、ガス料金もすごく安くなりました!

太陽光発電を導入しただけでは夜間料金を使うことはできません。
同時にエコキュートを導入することによって、電気の夜間料金を使えるようになるので、おトクが倍増します。

エコキュートは導入の際に費用が掛かりますが、実際には太陽光パネルとの同時の導入によっておトクが増し、費用の回収も早くなります。

エコキュートを導入する前はガスでお湯を沸かしていた我が家ですが、エコキュートを導入してからは暖房を使用しない時は調理にのみガスを使用するため、ガス料金がすごく安くなりました

やっぱり太陽光発電は早く導入した方が良いと思います

結局光熱費がどのくらいやくすなったのかというと・・

我が家の光熱費の合計の推移を公開していますので、こちら↓で確認してみてください。

我が家の光熱費、最初はガスで給湯、調理、床暖房でした。 その後はプリウスPHVに車が変わって、電気代がグンとアップ。 そして20...

追記!実際に分かっている我が家が得した金額を計算してみました!

太陽光発電を導入してから2年、我が家が実際にお得だと分かっている金額は太陽光発電で売電して入金された金額の分と、太陽光発電を導入前から比べて光熱費の下がった分だと思います。

その2つの金額はわかっているので合計してみました。

下のページで確認してみてくださいね。

今まで、太陽光パネルに掛かった費用は実際に売電した金額だけで計算すると何年分で元が取れるかの検証のページや、我が家の光熱費の合計の推移を公開...




 


太陽光発電の導入を検討している方へ

笑顔の絵です

たくさんのメリットがある太陽光発電ですが、導入にかかる費用が大きくて返済が大変なのじゃないのか?とか、本当にメリットがあるのか?とか、気になる事がたくさんあると思います。

このサイトではそんな悩みに少しでもお役に立てればと思って、なるべく多方面から我が家の実際の費用について公開しています。でも、屋根の大きさであったり、向きであったり、それぞれの家による違いは確実にあります。

そこでやっぱりプロの方の意見を聞くという事が大切になって来ます。その時に信頼できる業者さんを見つけることが一番失敗しない方法だと思うのです。

太陽光発電の導入を検討しているなら無料のあい見積もりは必須です!

初めてだと業者さんからもらった見積もりが妥当なのか、高すぎるのか安すぎるのかもさっぱりわかりません。このサイトのように実際に掛かった費用を公開しているサイトがたくさんあるので参考にはなると思います。でもやっぱり、今現在の価格ではないのは仕方のないことです。

そこで無料見積もりになるのです。

おススメの無料見積もりの取り方

タイナビ
では提携している業者さんの中から最大5社選んで見積もり依頼することができます。

なので、先にグリーンエネルギーナビ【住宅用】のお見積りプロモーションで見積もりをしてもらって、その後にタイナビ
で先に出た見積もり業者さんとは重複しないよう5社以内でえらんで見積もり依頼するのが良いと思います。

1.先にグリーンエネルギーナビで見積もりをしてもらう↓

 

2.次に先に見積もりしていない業者をタイナビで見積もりをしてもらう↓