普通の電気の契約(従量電灯B)の仕組み

一般の家庭で電気の契約をした場合、大抵が従量電灯Bの契約になります。

おおざっぱにいうと、基本料金+使用した電力量による料金 が電気の使用料として電力会社から請求が来ます。

(上の式に、燃料費調整額や、再生可能エネルギー発電促進賦課金が加算されたり減額されたりします)

基本料金は契約電流によって違います

あなたのご家庭の契約電流は何アンペアでしょうか?

電気使用料金のお知らせや、分電盤を見ると書いてあります。

基本料金の金額は。。↓

契約 基本料金(税込み)
 10A  280.8円
 15A  421.2円
 20A  561.6円
 30A  842.4円
 40A  1,123.2円
 50A  1,404.0円
 60A  1,684.8円

このように、契約するアンペアが増えるにしたがって、基本料金が上がるので、なるべく小さなアンペアで契約する事が電気料金の節約になります。

賃貸でも出ていくときに元のアンペアに戻せば問題ないので、一度契約している電力会社に電話して契約アンペアを下げてもらうと良いかもしれません。

交換は無料で行ってくれます。ただし、家の中の配電盤での作業となるので、家に人がいるときでないと変更してもらうことは出来ません。もしもブレーカーが落ちるような事が続くならまた上げてもらえばよいことですし。。

ちなみに、我が家はプリウスPHVにする前は30Aの契約で、プリウスPHVが来てから太陽光発電を設置するまでは40Aの契約でした。

そして、太陽光発電の導入後は60Aの契約(電化上のため上の基本料金は上の金額とは違って1,296円の基本料金です)となっています。

電力量料金は3段階になっています

単位 料金(税込)
電力量料金 最初の120kWhまで(第1段階料金) 1kWh 19円43銭
120kWhをこえ300kWhまで(第2段階料金) 25円91銭
上記超過(第3段階料金) 29円93銭

電力料金は下の式に当てはめて計算することができます。

使用電力量 計算式
 使用電力量が120kWhまでの場合  19円43銭×使用電力量±燃料費調整額
 使用電力量が120kWhをこえ300kWhまでの場合  19円43銭×120kWh+25円91銭×(使用電力量-120kWh) ±燃料費調整額
 使用電力量が300kWhを超過する場合  19円43銭×120kWh+25円91銭×180kWh+29円93銭×(使用電力量-300kWh)±燃料費調整額

となっています。

我が家の場合、プリウスPHVを購入前からすでに毎月300kwhの電力を使っていたのでプリウスに充電する電気代金はすべて第3段階料金である1kwhあたり29円93銭の電気料金でした。

ハートの着いた顔の絵ですそして、太陽光発電を導入したあとはプリウスPHVへの充電は格安の深夜料金(12.16円)で充電できるようになったのです。

差額は1kw当たり16.77円ですね!
つまり、プリウスへは半分以下の電気料金で充電できるようになったという事ですね。

プリウスへの充電は毎日の事なので、この差は大きいです。毎月の電気料金が減るのは当然ですね~

従量電灯Bの他にも電力会社にはいろいろな契約があります。
その中から夜間電力を使えるものの説明が夜間電力を使える契約の種類に書いてあります。

2016年4月1日の電力自由化に伴い、以下のプランは新しく契約できなくなってしまいました。 新しく契約は出来ないのですが、参考としてこのペ...




 


太陽光発電の導入を検討している方へ

笑顔の絵です

たくさんのメリットがある太陽光発電ですが、導入にかかる費用が大きくて返済が大変なのじゃないのか?とか、本当にメリットがあるのか?とか、気になる事がたくさんあると思います。

このサイトではそんな悩みに少しでもお役に立てればと思って、なるべく多方面から我が家の実際の費用について公開しています。でも、屋根の大きさであったり、向きであったり、それぞれの家による違いは確実にあります。

そこでやっぱりプロの方の意見を聞くという事が大切になって来ます。その時に信頼できる業者さんを見つけることが一番失敗しない方法だと思うのです。

太陽光発電の導入を検討しているなら無料のあい見積もりは必須です!

初めてだと業者さんからもらった見積もりが妥当なのか、高すぎるのか安すぎるのかもさっぱりわかりません。このサイトのように実際に掛かった費用を公開しているサイトがたくさんあるので参考にはなると思います。でもやっぱり、今現在の価格ではないのは仕方のないことです。

そこで無料見積もりになるのです。

おススメの無料見積もりの取り方

タイナビ
では提携している業者さんの中から最大5社選んで見積もり依頼することができます。

なので、先にグリーンエネルギーナビ【住宅用】のお見積りプロモーションで見積もりをしてもらって、その後にタイナビ
で先に出た見積もり業者さんとは重複しないよう5社以内でえらんで見積もり依頼するのが良いと思います。

1.先にグリーンエネルギーナビで見積もりをしてもらう↓

 

2.次に先に見積もりしていない業者をタイナビで見積もりをしてもらう↓