下り坂でニュートラルに入れた時と入れなかった時の燃費を調べてみました!

我が家が坂の上にあるため、朝プリウスPHVが満充電の状態で下り坂を下らなくてはいけないので下り坂の途中でエンジンが回ってしまうのを回避するためにエンジンが回る前にギアをニュートラルにする

と書いたのですが、実際の燃費的にはどうなのか?!

という事を調べてみました。

実は夫からこの手の記事は書かない方が良いと言われたのですが、せっかくプリウスPHVに乗っていて情報があるのですから、やっぱり公開しようと思います。

えーっと、まず、大切なことなのですが、前提としてプリウスPHVでは満充電では基本的に電気(モーター)で車が動きます

なので、基本的には最初はエンジンは動いていません

それと、下り坂と言っても我が家からの下り坂はダラダラとした下り坂で、急な下り坂ではなくスピードはそれほど出ませんので曲がり角以外ではほとんどブレーキは踏みません。

そして大事なことはプリウスPHVでは下り坂の場合にはブレーキを踏まなくても充電されるのです。

以下に書くことはあくまでも我が家のプリウスPHVでの話で、あくまでも我が家の近くの坂道では、の話です。

決して普通のエンジンの車の話ではありませんので、絶対に真似をしないようにお願いいたします。

もしも真似をして不具合が起きても責任は取れませんのでよろしくお願いいたします。

あと、車をとめてスイッチを切ると移動距離と時間と燃費が画面に出るのでこのページではその時の画面の写真を撮って燃費の確認をしています。

それでは、確認していきましょう!

普通に最初から到着までDレンジで通勤した時の燃費

申し訳ありません、ちょっと前、2月の写真です。

2017-2-14の燃費2017年2月14日
普通に運転すると19.4㎞/ℓ
ですね。

2017-2-17の燃費2017年2月17日
この日は20.6㎞/ℓ
でした。

ちなみに、途中の2月16日の燃費はこちら↓
2017-2-16の燃費燃費は17.7㎞/ℓです。
この日はエアコンが付いていたので車のスイッチを入れるとすぐにエンジンが回り出しました。途中でエアコンが付いているからだと気が付いてエアコンを切ったらこの燃費でした。エアコンを切ってもそのままエンジンは掛かったままでした。

普通にDレンジで目的適地まで行ったら約20㎞/ℓでした

普段はエアコンはつけていなくて、シートヒーターだけつけています。

普通に何も考えず家から目的地までDレンジの場合には下り坂の途中で満充電になってエンジンが回りだします。

そして、下り坂が終って今度は上り坂になるのですが、一度エンジンが回ると満充電であっても上り坂になっても、そのあと少し下り坂になっても、エンジンは目的地に着くまで回り続けている状態です。

下り坂の途中でNレンジに入れたりして通勤した時の燃費

今度は、Dレンジだとエンジンが回りだす場所が近づいたらニュートラルにギアを入れます。

2017-2-23の燃費

2017年2月23日
燃費は99.9㎞/ℓです。

2017-2-24の燃費
2017年2月24日
燃費は99.9㎞/ℓです

2017-2-27の燃費2017年2月27日
やっぱり燃費は99.9㎞/ℓです。

途中でNレンジにすると燃費は99.9㎞/ℓでした

下り坂でDレンジのまま下ると大抵エンジンがかかる場所があるのですが、その少し手前でNレンジにギアを入れます。

そうするとそのままブレーキは効くけれど、エンジンは回らない状態で下り坂の最後まで行けます。

下り坂が終る頃に車が止まりそうになるので、Dレンジに戻します。エンジンは止まったままです。

その後上り坂になっても、モーターで坂を上るのでエンジンはかかりません。

坂を登り切って、そのあと少し下り坂になっても目的地に着くまでエンジンが掛かることはありませんでした

つまり、目的地に着くまでエンジンがかからないんです。なのであくまでも燃費は99.9㎞/ℓの表示です。

まとめと今後の対策

あまり気にせずに通勤していた毎日ですが、実際に燃費の数字を確認すると燃費は大きく違うことが分かりました。

ただ、通勤時間が短いし、通勤距離も短いので、実際にはどのくらいおトクなのかは多分大したことないと思うんです。だからそれほど気にせずにいたのですが・・

でも、ちりも積もれば山となる。。

かもしれませんので、Nレンジに頼らない我が家ならではの燃費対策を探ろうと思います。

実は今後の対策として我が家で探っていることは、充電時間を短くする という事です。

つまり 夜中の充電によって満充電にしない という事ですね!

最初の段階で満充電でなければ、下り坂で充電されても、エンジンが掛からないと思ったのです。

なので、我が家では今そこの丁度良い充電時間を探っているところです。

でも結構充電時間を短くしたつもりでもエンジンが掛かるんですよね。。

と言っても、毎日充電時間を変更しているわけではないのですぐに丁度良いところを見つけられないだけかもしれません。何度か試しながら充電時間を短くしていこうと思っています。

今は我が家ならではの条件で、充電時間を探っているところです。




 


太陽光発電の導入を検討している方へ

笑顔の絵です

たくさんのメリットがある太陽光発電ですが、導入にかかる費用が大きくて返済が大変なのじゃないのか?とか、本当にメリットがあるのか?とか、気になる事がたくさんあると思います。

このサイトではそんな悩みに少しでもお役に立てればと思って、なるべく多方面から我が家の実際の費用について公開しています。でも、屋根の大きさであったり、向きであったり、それぞれの家による違いは確実にあります。

そこでやっぱりプロの方の意見を聞くという事が大切になって来ます。その時に信頼できる業者さんを見つけることが一番失敗しない方法だと思うのです。

太陽光発電の導入を検討しているなら無料のあい見積もりは必須です!

初めてだと業者さんからもらった見積もりが妥当なのか、高すぎるのか安すぎるのかもさっぱりわかりません。このサイトのように実際に掛かった費用を公開しているサイトがたくさんあるので参考にはなると思います。でもやっぱり、今現在の価格ではないのは仕方のないことです。

そこで無料見積もりになるのです。

おススメの無料見積もりの取り方

タイナビ
では提携している業者さんの中から最大5社選んで見積もり依頼することができます。

なので、先にグリーンエネルギーナビ【住宅用】のお見積りプロモーションで見積もりをしてもらって、その後にタイナビ
で先に出た見積もり業者さんとは重複しないよう5社以内でえらんで見積もり依頼するのが良いと思います。

1.先にグリーンエネルギーナビで見積もりをしてもらう↓

 

2.次に先に見積もりしていない業者をタイナビで見積もりをしてもらう↓