太陽光発電設置の最初はセールスの電話

電話の写真です

今回、実際に太陽光発電を導入した我が家ですが、その導入にあたっての手順を記しておこうと思います。

実は8年前にも、その後の4年くらい前にも太陽光発電の導入を検討した時期がありました。
今回はその2回の検討時期とは違って、実際に太陽光発電を導入したわけですが、以前との違いはズバリ、今回太陽光発電を検討したのが夫だった。という事です。

夫が太陽光発電を検討したきっかけの電話とは

今回の太陽光発電を検討するきっかけとなったのは夫が取ったセールスの電話でした。
私だったら、まずその電話をきっかけには検討していません。

それはどうしてかというと訪問セールスや勧誘の電話では高額な太陽光発電を勧められる。と思っているからです。

もし私が勧誘の電話を取ったらなすぐに、「太陽光発電を検討するつもりはありませんから」と言って断ったと思うのですが、夫は何やら電話で太陽光発電に対する興味が再燃したようだったのです。

どうして検討しようと思ったかというと、どうやら「タダで太陽光発電乗せませんか?」って電話だったから、らしいです(^^;)

何年か前に、どこかの会社がお家の屋根貸してください的な発想で、ほとんどタダで太陽光発電を家の屋根に載せて、売電したお金はその会社が受け取るといったような内容の事業があったと思うのですが、そういうのかも、と思ったのかもしれませんね。

それでちょっと話だけでも聞いてみようかと、そう思ったのだと思います。

実は何年か前のそのシステムに夫も応募したらしいのですが、我が家の屋根の面積では屋根に乗せることのできる太陽光パネルの枚数がその会社が思っている採算ベースよりも少なかったようで、断られてしまったらしいのです。

きっとそのリベンジのような感覚で、タダで太陽光パネルを乗せられたらラッキーくらいな気持ちだったのかもしれませんね。

まあ、数日後そのセールス電話の関連会社の人が家に説明に来て、実際には以前夫が断られたようなそんな形態の事業ではないことが分かりました。。

普通に太陽光発電システムをローンで取り付け、その太陽光発電で発電した電気の売電価格と今までよりも減った光熱費との差額のこの2つの合計のお金で太陽光発電システムのローンを払えるから実質的には無料で太陽光発電システムを乗せることができますよって事だったのですが・・・

まあ、普通の太陽光発電システムのセールスだとそんな感じでしょうね!

とりあえずそんなところから我が家の太陽光発電が始まったのでした。




 


太陽光発電の導入を検討している方へ

笑顔の絵です

たくさんのメリットがある太陽光発電ですが、導入にかかる費用が大きくて返済が大変なのじゃないのか?とか、本当にメリットがあるのか?とか、気になる事がたくさんあると思います。

このサイトではそんな悩みに少しでもお役に立てればと思って、なるべく多方面から我が家の実際の費用について公開しています。でも、屋根の大きさであったり、向きであったり、それぞれの家による違いは確実にあります。

そこでやっぱりプロの方の意見を聞くという事が大切になって来ます。その時に信頼できる業者さんを見つけることが一番失敗しない方法だと思うのです。

太陽光発電の導入を検討しているなら無料のあい見積もりは必須です!

初めてだと業者さんからもらった見積もりが妥当なのか、高すぎるのか安すぎるのかもさっぱりわかりません。このサイトのように実際に掛かった費用を公開しているサイトがたくさんあるので参考にはなると思います。でもやっぱり、今現在の価格ではないのは仕方のないことです。

そこで無料見積もりになるのです。

おススメの無料見積もりの取り方

タイナビ
では提携している業者さんの中から最大5社選んで見積もり依頼することができます。

なので、先にグリーンエネルギーナビ【住宅用】のお見積りプロモーションで見積もりをしてもらって、その後にタイナビ
で先に出た見積もり業者さんとは重複しないよう5社以内でえらんで見積もり依頼するのが良いと思います。

1.先にグリーンエネルギーナビで見積もりをしてもらう↓

 

2.次に先に見積もりしていない業者をタイナビで見積もりをしてもらう↓