夜間電力を使える契約の種類

2016年4月1日の電力自由化に伴い、以下のプランは新しく契約できなくなってしまいました。
新しく契約は出来ないのですが、参考としてこのページはしばらくの間は残しておこうと思っています。

例えば東京電力ではお得な夜間電力が使える契約がいくつもあります。

  1. 電化上手
  2. 夜得プラン
  3. 朝得プラン
  4. 半日お得プラン
  5. おトクなナイト8・10
  6. 深夜電力

このうち、1と6の契約には電気温水器などの利用が条件となっています。
2~5の契約は電気温水器などの利用条件はありませんが、1~6全てでメーターの取り換え工事(無料)が必要です。

6の深夜電力の契約では車への充電はできません。

6番は抜かしたとして、5つのプランのうちどのプランが良いのかは、家族構成にもよると思います。

例えば我が家のように子供がいる家の場合には朝夕の時間帯にも電気を使うことが多いので、夜得プランや朝得プランだとどうしても料金の高い時間に電気を使うことになります。

なのでやはり夜間料金と昼間料金の他に朝晩料金と言って、昼よりも安くて夜よりも高いといった料金設定のある電化上手がピッタリだと思います。

反対に、子供がいなくて夫婦二人で働いていて、朝出かけて夜帰って来るというご家庭ではおトクなナイト8や10でも良さそうですね。

でも、夕方から夜の時間帯にご飯の準備をしたり、テレビを見たりするようならやっぱり電化上手のほうが良いかもしれません。

夜間電力の使える時間をまとめると

夜間料金の使える時間 昼間料金(高い時には)
電化上手 23時~7時 38.63円(夏)・31.64円(その他季)昼間よりも少しおトクな朝晩料金もある
夜得プラン 21時~5時 37円00銭
朝得プラン  1時~9時 36円85銭
半日お得プラン 21時~9時 43円71銭
おトクなナイト8 23時~7時 36円68銭
おトクなナイト10 22時~8時 39円92銭

夜間電力が使える時間が長いほど昼時間の料金が高めに設定してあるようですね。

詳しくは次で説明するそれぞれのプランで確認してください

1.電化上手について

電化上手は今までの契約とは違って時間帯が3つに分かれています。

夜間料金の適用は午後11時から朝7時まで、朝晩料金として午前7時から午前10時と午後5時から午後11時です。
そして、昼間時間料金(午前10時から午後5時)があり、昼時間料金は夏とそれ以外の季節でも違ってきます。

我が家はこの電化上手の契約です。笑顔の絵です

(詳しくは太陽光発電導入後は格安の深夜料金でプリウスPHVを充電に書いてあります。)

多分、夜間電力で車への充電をするならこの契約が良いと思います。

単位 料金(税込)
基本料金 契約容量 6kVA以下の場合 1契約 1,296円00銭
7kVA~10kVAの場合 2,160円00銭
11kVA以上の場合 2,160円00銭 + 280円80銭 ×(契約容量 -10kVA)
電力量料金 昼間時間
(10時~17時)
夏季(毎年7月1日~9月30日) 1kWh 38円63銭
その他季 31円64銭
朝晩時間
(7時~10時、17時~23時)
25円92銭
夜間時間(23時~翌7時) 12円16銭
割引額
通電制御型夜間蓄熱式機器をご使用の場合は、機器の総容量1kVA につき151円20銭割引
最低月額料金 1契約 323円74銭

2.夜得プランについて

夜得プランは夜9時から朝5時までの時間が夜間料金適用時間です。

そのほかの時間は下の表のようになっています。

単位 料金(税込)
基本料金 6kVA以下の場合 1契約 1,296円00銭
7kVA~10kVAの場合 2,160円00銭
11kVA以上の場合 2,160円00銭+280円80銭×(契約容量-10kVA)
電力量料金 昼間時間 最初の90kWhまで(第1段階料金) 1kWh 24円03銭
90kWhをこえ230kWhまで(第2段階料金) 32円03銭
上記超過(第3段階料金) 37円00銭
夜間時間 12円48銭

3.朝得プランについて

朝得ブランでは深夜1時から朝9時までがお得な夜間料金が適用されます。

その他の時間は下の表のようになっています。

単位 料金(税込)
基本料金 6kVA以下の場合 1契約 1,296円00銭
7kVA~10kVAの場合 2,160円00銭
11kVA以上の場合 2,160円00銭+280円80銭×(契約容量-10kVA)
電力量料金 昼間時間 最初の90kWhまで(第1段階料金) 1kWh 23円93銭
90kWhをこえ230kWhまで(第2段階料金) 31円90銭
上記超過(第3段階料金) 36円85銭
夜間時間 12円19銭

4.半日お得プランについて

半日お得プランでは夜9時から朝9時までがお得な夜間料金が適用されます。

その他の時間は下の表のようになっています。

単位 料金(税込)
基本料金 6kVA以下の場合 1契約 1,296円00銭
7kVA~10kVAの場合 2,160円00銭
11kVA以上の場合 2,160円00銭+280円80銭×(契約容量-10kVA)
電力量料金 昼間時間 最初の70kWhまで(第1段階料金) 1kWh 28円38銭
70kWhをこえ170kWhまで(第2段階料金) 37円84銭
上記超過(第3段階料金) 43円71銭
夜間時間 12円59銭

夜間料金は他の夜間料金に比べて若干高め、おまけに第3段階料金が43円台と一番高い設定になっていますね。

5.おトクなナイト8・10

おトクな夜間電力の時間を「おトクなナイト8」では8時間(午後11時から朝7時)、「おトクなナイト10」では10時間(午後10時から朝8時)に設定されています。

おトクなナイト8の料金

単位 料金(税込)
基本料金 契約容量 6kVA以下の場合 1契約 1,296円00銭
7kVA~10kVAの場合 2,160円00銭
11kVA以上の場合 2,160円00銭 + 280円80銭 ×(契約容量 -10kVA)
電力量料金 昼間時間 最初の90kWhまで(第1段階料金) 1kWh 23円81銭
90kWhをこえ230kWhまで(第2段階料金) 31円75銭
上記超過(第3段階料金) 36円68銭
夜間時間 12円16銭
割引額 通電制御型夜間蓄熱式機器をご使用の場合は、機器の総容量1kVA につき151円20銭(税込)割引
最低月額料金 1契約 323円74銭

おトクなナイト10の料金

単位 料金(税込)
基本料金 契約容量 6kVA以下の場合 1契約 1,296円00銭
7kVA~10kVAの場合 2,160円00銭
11kVA以上の場合 2,160円00銭 + 280円80銭 ×(契約容量 -10kVA)
電力量料金 昼間時間 最初の80kWhまで(第1段階料金) 1kWh 25円92銭
80kWhをこえ200kWhまで(第2段階料金) 34円56銭
上記超過(第3段階料金) 39円92銭
夜間時間 12円41銭
割引額 8時間通電機器をご使用の場合は、機器の総容量1kVAにつき43円20銭(税込)割引
通電制御型夜間蓄熱式機器をご使用の場合は、機器の総容量1kVA につき194円40銭(税込)割引)
最低月額料金 1契約 323円74銭

6.深夜料金について

電気温水器などに対して、夜11時から翌朝7時までの間使える契約です。
なので車への充電には使えませんので詳しくは省きます。




 


太陽光発電の導入を検討している方へ

笑顔の絵です

たくさんのメリットがある太陽光発電ですが、導入にかかる費用が大きくて返済が大変なのじゃないのか?とか、本当にメリットがあるのか?とか、気になる事がたくさんあると思います。

このサイトではそんな悩みに少しでもお役に立てればと思って、なるべく多方面から我が家の実際の費用について公開しています。でも、屋根の大きさであったり、向きであったり、それぞれの家による違いは確実にあります。

そこでやっぱりプロの方の意見を聞くという事が大切になって来ます。その時に信頼できる業者さんを見つけることが一番失敗しない方法だと思うのです。

太陽光発電の導入を検討しているなら無料のあい見積もりは必須です!

初めてだと業者さんからもらった見積もりが妥当なのか、高すぎるのか安すぎるのかもさっぱりわかりません。このサイトのように実際に掛かった費用を公開しているサイトがたくさんあるので参考にはなると思います。でもやっぱり、今現在の価格ではないのは仕方のないことです。

そこで無料見積もりになるのです。

おススメの無料見積もりの取り方

タイナビ
では提携している業者さんの中から最大5社選んで見積もり依頼することができます。

なので、先にグリーンエネルギーナビ【住宅用】のお見積りプロモーションで見積もりをしてもらって、その後にタイナビ
で先に出た見積もり業者さんとは重複しないよう5社以内でえらんで見積もり依頼するのが良いと思います。

1.先にグリーンエネルギーナビで見積もりをしてもらう↓

 

2.次に先に見積もりしていない業者をタイナビで見積もりをしてもらう↓