プリウスPHVで太陽光発電にするメリット

棒で指している絵

プリウスPHVや電気自動車など家庭で充電するタイプの車を購入する際に、ガソリンの消費量は減り、家計に占めるガソリン料金が減ったとしても、毎日の充電で電気料金が増えることは押さえておかなければいけないポイントです。

我が家がプリウスPHVを選んだ理由

電気自動車など、ガソリンの消費量が減って、CO2の削減に役立つ事への満足感でも車の購入に至ることもあるのかもしれませんし、ガソリン代金が減る事に惹かれて購入する事になるかもしれません。

我が家の場合はどうだったかな?・・というと

そういえば夫がプリウスを選んで、PHVがいいか、それとも普通のプリウスがいいかって聞かれたのでした。

それで、その時に言われたのは、補助金が出るから元は取れると思う。

って事でしたね。。実際いくら補助金がでて、差額がいくらか、って言われたけれども全く覚えていません💦

元が取れるなら、PHVにしようって言ったのは覚えています(^^)こんなところが太陽光発電を導入した点にもつながっていそうです。

プリウスにするだけでもガソリン代が減る

実際今まで乗っていたオデッセイアブソルートと比べて、随分とガソリン代が減りました。同じような距離を走っていると思うのですが、月に2回くらい給油していたのが、月に1回になり、そのうえ1回の給油量も減りました。なので、月のガソリン代は確実に減りました。

さすがハイブリッド車といったところでしょうか。

毎日充電して電気で走ればもっとガソリン代が減る

今では我が家も毎日充電しているのですが、毎日走る距離が大体20キロメートル以内なら電気だけで殆ど大丈夫なのでガソリンはそれほど頻繁には給油しなくて済みます。

給油するガソリンも満タンではなく、車体を軽くすることで益々電費も良くなるはずです。

毎日充電するための電気代を太陽光発電を導入し、夜間電力で充電して安くする

 

さて、毎日充電していると、毎回の電気代が気になるところです。

 

この電気料金を減らすために太陽光発電を導入しておトクな夜間電力でプリウスPHVに充電したならお電気代が安く済むよ、メリットがあるよという話なのです。

電気の単価が安くなるので確実に充電のための費用が減ります。

夜間電力を利用できる契約については夜間電力を使える契約の種類に書いてあります。

夜間電力を使える契約の種類
2016年4月1日の電力自由化に伴い、以下のプランは新しく契約できなくなってしまいました。 新しく契約は出来ないのですが、参考としてこのページはしばらくの間は残しておこうと思っています。 例えば東京電力ではお得な夜間電力が使える契約がい...

我が家が太陽光発電を導入して、電気料金がどうなったかについては太陽光発電を導入した後、夜間電力を使用した場合の電気料金の推移に書いてあります。

太陽光発電を導入した後、夜間電力を使用した場合の電気料金の推移
前に、プリウスPHVを購入してからの電気代の推移という記事を書きました。ここではその後、太陽光発電を導入したら我が家の電気料金はどう変化したのかを書いて見ようと思います。 2012、2013、2015年の10月の電気料金の推移 季節によ...

 

 

コメント